建築プロデューサーの流儀

池袋と公園

大学の頃、よく合コンで訪れていた豊島区池袋、今となってはあまり馴染みのない土地であるが、公共スペースの活用やリノベーションでまちが変わろうとしている。

特に南池袋公園の変貌ぶりはすごい。以前は、夜な夜なアベックが集う怪しい公園だったようですが、いまは天然!芝生あり、ベンチあり、おいしいカフェがありと、地域コミュニティの核となっていて、近隣の方々の必要不可欠な存在になっているように思える。公園が必要不可欠。本来あるべき姿です。

昨今、手入れがされず放置されている公園が多いですが、民がアイデアを出し、官がルールを変える勇気を持つことで公園は変わっていくでしょうね。NENGOでも川崎のとある公園を変貌させようと模索しています。

*現場監督の二人と、

unnamed-1.jpg

2017.07.28

旧東海道、鮫洲で始まるプロジェクト

鮫洲の旧東海道沿い。いまもその面影が残っている通りから、50メートル入った場所で新しいプロジェクトが始まります。

昭和37年築の賃貸マンション(鉄筋コンクリート)のリニューアル工事です。築53年になります。

鮫洲と言えば、鮫洲運転試験場。のイメージがあるかと思いますが、実は歴史や文化が積み重なってきた街です。江戸時代には、土佐藩下屋敷・仙台藩下屋敷などがあり、坂本龍馬、板垣退助、山内豊信、岩倉具視、伊藤博文などが、この近辺で日本を動かしていました。

また、鮫洲は江戸時代、品川宿から少し離れた漁師町。殿様へ献上する魚介類を水揚げしていたようです。今回の建物も、その漁師関連の建物があった場所です。すごい歴史です。重みを感じます。

そんな街にある建物。コンセプトはまた別の機会でご紹介しますが、ワンループタイプの広さで仕立てる賃貸のスキームを入れます。ワンルームを2つ繋げてもよし、事務所もよし、SOHOもよし、但し、キープコンセプト。

空き室7部屋のうち、まずは4部屋を募集致します。お楽しみに。unnamed.jpg

2017.07.21

日進町の未来を切り開く、あたらしい形。

一昨日、2年ほど前から関わらせていただいたいたunicoの内覧会(unico preview)がありました。まだこれから行う工事もありますが、一区切りついたタイミングにて皆様へお披露目。300名程の方にご来場いただき、メイン会場のunico box(イベント会場)は溢れんばかりの人でした。各フロアの見学や、発酵食品のケータリング、アップダウンさんエンターテイメントライブや生ジャズ演奏など、イベントも充実。わたしはトークセッション「日進町の未来を切り開く、あたらしい形。」に登壇者として参加しました。そこで話をしたこととして、「日進町のイメージを変えるには、壊して新しい要素に入れ替えるのではなく、日進町のヒト・コト・モノの歴史や文化をしっかりと受け止め、今後の将来像を共に描いて、同じ方向を向いて歩くこと大切。」その起爆剤がunicoなんです。なので、どこの街にでもある雑居ビルではなく、日進町にしかないビルディングにする必要があったのですね。カフェもオープンしております。スモールオフィスも募集しております。是非、足をお運びいただき、unicoと日進町を体感いただければ幸いです。_DSC4834.JPG_DSC4873.JPG

2017.07.14

年間NENGO

今週の月曜日、年間NENGOの授賞式があり、大変恐縮なのですが今年は受賞させていただきました。今年は4名受賞して、わたしは最高齢...まだまだ頑張ります!また今年はサプライズプレゼントがありました。妻からの手紙と息子が描いたわたしの似顔絵。イベント担当の粋な計らいに感謝です。大切にします。19780765_1377432038970959_6560574162973864587_o.jpg19620548_1377432175637612_6903608070600321293_o.jpg

2017.07.05