建築プロデューサーの流儀

備瀬のBirth the suite

我が家を設計いただいたNIIZEKI STUDIOによる「Birth the suite」にようやく訪れることができた。10歳以上でないと宿泊ができないので残念ながら泊まることはできなかったのですが、備瀬の地域にどのように馴染ませているのか、よく理解できました。路地を歩いていても、その存在感はなく、フクギの隙間から「これだ!」とようやく見つけらる外観。しかし、フクギの隙間から覗くとそのクオリティの高さに目を奪われます。必要最小限の広さに設計されていると思いますが、外部環境をうまく取り入れ、陰影礼賛の室内でしょうね。備瀬のまちに、必要な建築。備瀬のまちだから、このデザイン。必ず宿泊したいホテルです。

http://www.birth-bise.com

unnamed-2.jpgunnamed.jpgunnamed-3.jpg

2017.09.10