建築プロデューサーの流儀

簡易宿所「相楽ホーム」

NENGOにて今年1月に取得した簡易宿所「相楽ホーム」のリノベーションがはじまった。川崎市川崎区日進町は、戦後の高度成長期に、日雇い労働者の方々が住まわれていた簡易宿所が集まるエリアである。しかし、今は日雇い労働者の方々は姿を消し、猥雑なエリアとして周囲から認知されている。我々は、日本が元気であった頃の日本らしさを継承し、街並みを変えず、街を変えるために踏み出しました。日進町に新しい息を吹きかけます。どうぞ、お楽しみに。

写真:川崎経済新聞撮影

1485855147_b.jpg

2017.09.21