建築プロデューサーの流儀

夜間道路工事のそれぞれの立場

2日前の21時過ぎの自宅、「ガガガガ...」と道路工事をしている音がまちに響き渡っていました。アスファルトを剥がすドリル音は、人間の耳には、不快極まりない。そのうち終わるだろうと思って我慢していましたが、24時近くなっても終わる気配がない。周りの家の方々も迷惑だろうと思い、寝間着で工事現場に行って工事をやめるよう注意をしました。現場のガードマンは「この道、日中は渋滞するので夜間にやっています...」との回答。ちょっと待って...工事現場はどうしても、騒音や臭い・粉塵などが発生しまい、影響が出てしまう方々にご迷惑をかけてしまうので、最大限の配慮をすべきなのです。しかも夜間工事。勿論、日中工事をすれば片側車線になり渋滞が発生して交通に影響が出ますが、迂回や渋滞予告など、対策はできるはず。

夜間でなくてもできる工事。住民に我慢してもらうか、交通渋滞を招くか、

結果、工事を中断していただき静かな夜になりました。しかし、職人さんやガードマンさんなど、仕事が途中で終わってしまい、元請会社に無駄なコストをかけてしまったな、とも思います。相手の立場に立つ、ことは大切ですが、どの相手の立場に立つ、ことも本気で考えないといけませんね。難しい判断です。

写真はイメージです。

66837d516e53f37db001c341b988c804.jpg

2017.10.26

外装リニューアル(大規模修繕工事)

現在2現場、同時並行にて大規模修繕工事を行っております。「え、NENGOで大規模修繕やるの?」とよく質問をされますが、はい、やります。しかも、ただ修繕するだけではなく、建物の価値ができるだけあがることに注力して行っています。

躯体補修はもちろんのこと、防水、塗装、、、、を、今後10年以上問題がないように施し、また、外壁の色や照明交換、エントランス改修においては、タイムレスにその建物に然るべきデザインを施します。外壁の色は、色によってコストは変わらないですからね。既存の色で、、、取り敢えず白で、、、なんてことは決して行わず、周辺とのバランス、建物の形状と色、建物の存在意義などから考えます。土地や建物を読み込みます。

また大規模修繕は、住んでいる方に極力ストレスを感じていただかないように配慮しています。臭い、音、、、自らが住人だったら、、、ということを考えながら現場監督は頑張っています。数日後に台風がきますので、今日は台風養生。ご安全に。

01d94f3e-ac62-45e2-ac32-1f42df2764af.jpgaa4a3f9e-031b-45b7-928f-540c69a6346c.jpg85665d0d-f8a7-461a-aa5c-c01779b32868.jpg09e187cf-5fda-43d6-b45e-66fe68ea4a78.jpg1e78ea5a-229d-4c44-9597-f44e870d975c.jpg01d94f3e-ac62-45e2-ac32-1f42df2764af.jpg

2017.10.20

採用面接はお見合い

ここ最近、2日に1度は中途採用の面接を行っています。ほとんどの方が現場監督なのですが、転職希望の理由は、今の会社に不満がある方、新しい夢に向かっている方、NENGOに入りたい方、様々です。弊社が中途採用の方に求めているのは募集要綱にもありますが、

「頭を下げあって生まれる調和は卑しい。闘って生まれるのが調和なんだ。闘わなければ調和は生まれない。」地元川崎市高津区出身の岡本太郎の言葉です。調和を生むために闘える方。

がベースとなっています。エージェント経由で面接に起こしになる方がほとんどですが、求める人物像を把握していない人もいます。ご入社は結婚、面接はお見合い。我々のことをよく理解してから面接に来ていただきたいです。

一方、我々は面接にいらっしゃる方に丁寧に会社のことをお伝えするようにしています。とはいっても、先ずは会社を知っていただく。気に入っていただく。判断いただくためにも。ですので、一人一人事前に履歴書含めて確認させていただき、面談に挑んでいます。

お見合いをして、デートをして、会話をたくさんして、一緒に生活できる、お互いが幸せになると、ご入社となります。

下記はリクルートサイトです。ご一緒しませんか。

http://www.nengo.jp/recruit/

2017.10.13

日進月歩【世界一小さな部屋のドヤアート旅館】

川崎区日進町、そう「unico」が存在する街。その街は、高度成長期、日雇い労働者の方々が生活していた簡易宿所が軒を連ねる地区がある。通称「ドヤ街」。数年前には、簡易宿所の一つが火災になり、多くの方が亡くなられたことは記憶に新しい。現在は、日雇い労働者の方はあまり生活しておらず、主に生活保護の方々が生活している街になっているが、その街にある一つの簡易宿所が生まれ変わります。NENGOが運営する「日進月歩」です。

時代に取り残された様な昭和の香りが漂う簡易宿所を現代アートを施した世界一小さな部屋のアート旅館へリノベーションし、運営します。簡易宿所の部屋の広さをそのまま利用した2畳から3畳の部屋には、「日本らしさ」を表現したアートを施し、
共用部分にはインスタレーションや作品を並べ、「らしさ」を盛り込んだアートを気軽に購入してもらえるように展示。
狭い客室を逆手に生かし、積極的に街へ出てもらうことで「川崎らしさ」を感じていただく為のツアー等も計画しています。
現在、2017/11/9(木)のプレオープンを目指し、リノベーション工事中です。街の雰囲気を残し、街の用途を変更して新しい人が流入することで、街が変わり、点が線に、線が面になって、街ごとリノベーションされていくことを目指します。

事業主、企画、運営、リノベーション工事、全てNENGOのリソースを活用して「らしさ」を具現化していきます。

22135682_1469580719756090_7123672503428118898_o.jpg

2017.10.04