建築プロデューサーの流儀

日進月歩【世界一小さな部屋のドヤアート旅館】

川崎区日進町、そう「unico」が存在する街。その街は、高度成長期、日雇い労働者の方々が生活していた簡易宿所が軒を連ねる地区がある。通称「ドヤ街」。数年前には、簡易宿所の一つが火災になり、多くの方が亡くなられたことは記憶に新しい。現在は、日雇い労働者の方はあまり生活しておらず、主に生活保護の方々が生活している街になっているが、その街にある一つの簡易宿所が生まれ変わります。NENGOが運営する「日進月歩」です。

時代に取り残された様な昭和の香りが漂う簡易宿所を現代アートを施した世界一小さな部屋のアート旅館へリノベーションし、運営します。簡易宿所の部屋の広さをそのまま利用した2畳から3畳の部屋には、「日本らしさ」を表現したアートを施し、
共用部分にはインスタレーションや作品を並べ、「らしさ」を盛り込んだアートを気軽に購入してもらえるように展示。
狭い客室を逆手に生かし、積極的に街へ出てもらうことで「川崎らしさ」を感じていただく為のツアー等も計画しています。
現在、2017/11/9(木)のプレオープンを目指し、リノベーション工事中です。街の雰囲気を残し、街の用途を変更して新しい人が流入することで、街が変わり、点が線に、線が面になって、街ごとリノベーションされていくことを目指します。

事業主、企画、運営、リノベーション工事、全てNENGOのリソースを活用して「らしさ」を具現化していきます。

22135682_1469580719756090_7123672503428118898_o.jpg

2017.10.04