リノベーション後の
くらしの見学会

専門家と共に二人三脚で創る家

おんぼろ不動産マーケットを運営するNENGOが手がけた、築50年を超える中古マンションをリノベーションした空間。
今回お施主様のご厚意により、リノベーション後の暮らしを垣間見ることができる見学会を行わせて頂くこととなりました。


=== 今回の見学会はこんな方必見です ===

1.住まいの購入を「真剣に」ご検討されている方
2.住まいの購入とリノベーションを「真剣に」お考えの方
3.まだ具体的ではないが、本気で「豊かに」暮らしたいとお考えの方


【開催概要】
■日時:平成29年1月21日(土)
    14:00-16:00(終了後、棟内販売中物件内覧会・個別相談会開催)
13:55  集合
14:00- 見学スタート
14:30- トークセッション
    ・お施主様(実際住んでいる人)
    ・空間ディレクター(空間を考えた人)
・施工者(空間を実際に造った人)

16:00  見学会終了
16:00- 棟内販売中物件内覧会(会の前に販売が終了してしまう可能性がございますので、予めご了承ください)
    個別相談会開催(ご希望者のみ)


■場所:京王井の頭線「久我山」駅 徒歩2分
(現在居住中ですので、詳しい住所はお申し込み頂いた方のみにご連絡いたします。)


【お申し込み方法】

以下、Peatixの特設ページよりお申し込みください。
http://ptix.co/2johvIy


トークセッションにて、お施主さんにリアルに聞きたいことがありましたら、お申し込み時にこちらの備考欄にお書きください。
こちらを含めて赤裸々トークでお送りいたします。
*操作方法がわからない方は、大変お手数ですがonboro@nengo.jpまで
・お名前
・ご連絡先
・参加人数
をお送りください。


-------------------------------------------------------------
【見学会のみどころ】
NENGO研究所所長 林より

「二人三脚で創る」という意味は、空間を創る専門家である私たちと、住まうプロである住まい手さんとの絶妙なコラボレーションによって、心地よい空間を創り出す、という意味です。
心地よい空間とは、私たちが一方的に提供するものでもはなく、住まい手さんの要望を聞きそれを具現化するだけでもなく、お互いの専門性をぶつけ合って生まれます。
この創り方によって、本質的に豊な空間を生み出す事が可能です。

今回のお施主さんには、「寛ぐ」というキーワードがありました。

ですが、一言で「寛ぐ」と言っても、人によってその「寛ぎ方」は千差万別あります。
それを、如何に五感に働きかけて、空間に表現するか?といったことが、今回のリノベーションのポイントでした。
カッコいいからこの素材を使う。という現在横行している、単にビジュアル重視の家作りの方法とは一線を画した、「本質的に豊な家創り」を、是非ご覧ください。
hayashi_prof-thumb-200x200-15428.jpg

林久順 hayashi hisayori

▼プロフィールはこちら
http://www.onboro.net/staff/2016/05/post-8.php