株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

年間NENGO。

 NENGOには、年間で頑張った人を表彰する制度があります。5月が決算なので、いつも6月に発表させていただきます。今回の受賞者は写真のメンバーです。全員で30万円以上の賞金となりました。御馳走してもらうなら今です。

年間NENGO.JPG


年間NENGNO2.JPG

2014.06.30

コメント(0) | トラックバック(0)

 NENGOの歴史 第三章(断熱編)

 学生時代、銀行理論と銀行経営をゼミで学んでいた私でしたが、卒論では無理矢理、環境経済をテーマに書かせてもらいました。将来「環境」が必ず重要なキーワードになると見越しての我ままでした。社会人になってからも、環境についてばかり話をしていた私は、バブルの残り香のする六本木や西麻布の飲み屋で、「環境大臣」と呼ばれてたほどです。そんな私だったので、環境負荷を抑える断熱工事には、即夢中になりました。特に、発泡ウレタン吹付け工事は、当時の10年前からはじまった新しい断熱方法だったので、時代をつくってやろうと必死になりました。すべてを任せてくれた先代にも感謝したいです。
 
 発泡ウレタン吹付け工事を自社施工し出した時は、技術が無かったので、施工スタッフ教育には相当苦労しました。当初ロックウールの吹付けスタッフにお願いしていましたが、厚みが15mmのところ、50mm吹くことは日常茶飯事でした。当然厚すぎると仕上げ工事ができなくなるので、いつもカッターを持って削り作業を手伝っていました。材料はたくさん使うし、削りの手間はかかるしと、このままではダメだと判断し、経験者の募集をしたのです。今でもお付き合いある職人のMさんに、社員としてジョインしてもらいました。ただ、私に知識がないことにつけこんで、やりたい放題されました。自分が楽するための嘘ばっかりだったのです。その後、鳴り物入りで来てもらった職人も、実は大した腕を持っておらず、毎日のように吹付け機を壊しては、夜中まで修理に付き合う日々が続きました。ウレタンを吹くよりも、ホラを吹く方が得意だったのです。耐火被覆の職人たちは、人間性は素晴らしく、酒を飲んだ次の日に朝起きないことだけが問題でしたが、発泡ウレタンの職人は、頭が良いばかりに、心がひん曲がっている人が多く、付き合い方に慣れるまで、時間が掛かりました。人間不信になりかけた時代でもあります。ただ、諦めの悪い性格が吉と出て、その後は徐々に成果が出てくることとなり、私の部下となる営業スタッフの募集もすることもできました。産業廃棄物にも興味を持ちだし、(有)ジャパン ウエイスト マネジメントという産業廃棄物処理会社を立ち上げたのもこの頃です。この会社の経営は見事に失敗しました。今思うとホントに情けない話なので、詳細は省略させていただきます。 

 私は、大手のデベロッパー・ゼネコンの大規模工事よりも、断熱性能の低い木造住宅をなんとかしたいという思いが強かったようです。日清紡さんのおかげもあり、新日本建物さんの木造住宅何百棟にも、発泡ウレタンを施工させていただいたこともあります。あまりにも急激に仕事量が増加したため、夏休み返上で私も現場に入り、工事を手伝ったこともあります。また、上場企業のハウスメーカーにも営業をかけていて、断熱工事で全国展開できるチャンスでもありました。ライバル関係にある2社に対して、同じように営業していたのですが、ほぼ決定段階まで行ったにもかかわらず、両社から断られてしまいました。まさしく、二兎追うものは一兎も得ずです。このときのことは、今でも教訓となっています。恋愛でも同じですよね。当時、私は、日本一の発泡ウレタンの吹付け屋になりたいと考えていました。結局、関東でNO2の規模にまではなれたのですが・・・。夢は、耐火断熱事業部のみんなに託したいと思います。今後、断熱工事は、今まで以上に重要な仕事になっていくことは明白です。NENGOは、ただ単に工事をするだけでなく、空間・植栽提案までできる断熱屋になろうとしています。詳細は秘密ですが、乞うご期待。(第四章に続きます)

2014.06.27

コメント(0) | トラックバック(0)

「らしさ」

 「らしさ」を出せなかったと言われているワールドカップ日本代表ですが、私はあれが「らしさ」だと感じました。皆さんは、どう思われますか、そして、自身では日々「らしさ」を表現できていますか。NENGOは「らしさ」提供企業にならなくてはと考えています。

 昨日、水澤工務店で現場監督をしている早稲田のアメフト部の後輩がNENGOに顔を出してくれました。関東NO1と言われる工務店はさすがで、学ぶことが多く、「らしさ」だらけとも感じました。もちろん、こちらからも力になれることも色々とありそうで、今後の展開が楽しみです。朝礼で佐藤も話をしていましたが、外部の人と触れ合うことの大事さをさらに痛感する機会となりました。

2014.06.26

コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の和泉と先日の佐藤

  宮永と佐藤と和泉のおかげで、赤坂七番出口すぐ横のビル(添付写真)の3.4Fの入居者が決まりました。どのようなビルになるか楽しみにしていてください。古いビルに元気を取り戻してもらう仕事は楽しいですね。人が成長するのを見て、嬉しくなるのと同じ感覚です。NENGOは、不動産の企画・建築・テナント(入居者)募集・管理まで、一気通巻でお任せいただけます。所有されているビルや御自宅の活用に悩まれている方は、お声かけてください。どんなに小さい不動産でも相談に乗らせていただきます。



akasakabiru.jpg
 
























 それと、下記の写真は、昨日の和泉と先日の佐藤です。それぞれ契約とプレゼン時の出で立ちです。先方には変な会社だと思われていることでしょうね。私は「らしさ」があって、素晴らしいと思っています。皆さんは、「らしさ」を持っていますか。




izumimhonnmono.jpgizumito.jpg

2014.06.25

コメント(0) | トラックバック(0)

幸せに包まれるか、不幸に囲まれるか。

 新浪さん(ローソン)がサントリーの社長に就任するそうですね。優秀な経営者が、多様な職種の企業を経営するケースが増えてきています。優秀な経営者って、そういうことなのでしょう。

 さて、NENGOの企業理念「私たちは、企業活動を通じて、世のため人のために貢献します」ついて、ちょっと書かせていただきます。これは平たく言いますと、目の前の人を幸せするということです。目の前の人をいつも幸せにしていたら、世の中ハッピーで溢れますからね。ただ、利他の心を持ち、相手を優先するってそう簡単なことではありません。例えば、目の前の人が自分を幸せにしないからと、自身もその人を幸せにしないで良いと考えてしまいがちです。こうなると自分が生きている社会は不幸が充満していると感じ、他の社会に逃避したくなります。ただ、そんな人はどんな環境に行っても、不幸であり続けることになります。なぜなら、幸せに包まれるか、不幸に囲まれるかは自身が決めているのですから。

 先日、綱島不動産マーケットは、むこうさんげんりょう隣の会を開催しました。そのときの様子を担当した新人桃井ブログに書いています。読んでいたら感動で涙が出てきました。場所の提供を含め、お力になっていただいた池谷さんにも本当に感謝です。綱島は、幸せに溢れる街になりそうです。

2014.06.24

コメント(0) | トラックバック(0)

「自身の愚痴は無能のバロメーター、 部下の愚痴は変化のチャンス」

 昨日、コーポラティブハウスの仕事をしているO夫妻が、我が家に遊びに来てくれました。Oさんのために用意したワインは、久しぶりの妻の手料理に見事に合って、美味しく楽しい食事会となりました。あっと言う間に7時間オーバー、仕事が大変なときに、ちょっと申し訳なかったですね。

 今朝、若手のホープに話をしました。「討論が足りない」と。上司や私、そして、お客さまと話をしていて、自身が納得しないまま、スルーしてしまっていると感じたのです。納得がいっていないのは、顔を見ればわかるので、顔で喋るのではなく、口で話をしろと私は言いたかったのです。腹落ちしないままでいると、愚痴が出てきてしまいます。愚痴は、自分を含めて、それを聞いた人に悪影響を及ぼします。また、上司が話を聞いてくれないからと言い訳をして、議論を避ける人もいるようです。社内では遠慮なく、とことんやりあって欲しいものです。

2014.06.23

コメント(0) | トラックバック(0)

NENGOの歴史 第二章 (私の入社後)

  私は、1994年に藤田観光を退職し、NENGOの前身であるオリエンタル産業に入社しました。耐火被覆工事の請負いと耐火被覆材の材料を販売している会社でした。正社員は6名の小規模な会社でしたが、売り上げは現在の倍ありました。浜松のアクトシティ(48F建て)などの大型物件の耐火被覆工事を積極的に受注していたためです。バブルの残り香のする時代でもありました。入社後、社長の息子である私を遠巻きに様子見していた先輩方は、仕事を教えてもくれないので、とにかく自ら色々と吸収して、結果を残そうとあがいていました。ろくに仕事を知らないうちに、飛び込み営業をして、115万円の仕事を初受注できたこともありました。嬉しかったですね~。今でも鮮明に覚えています。セイブ建設、生田の現場です。ですが、その会社はその後倒産し、売掛金は未回収となりました。とっても悔しくもあり、恥ずかしかったですね。その後現場監督は転職しましたが、私は縁を切ることなく、損した金額を取り戻そうとしていました。ある段階からお金のことを棚上げし、プライベートでも付き合うようになり、韓国旅行まで一緒に行って、カジノで儲けて、旅費まで浮いたことを覚えています。それと、現場作業にも積極的に入りました。3Kの代表のような仕事ですが、なぜか現場が楽しく、汚い恰好のままデートに行くことが快感になっていました。携帯電話もない時代なので、現場作業が遅れるとポケベルでやりとりするのです。何時間も待たせることもありましたが、今思うと申し訳なかったですね。

 社内業務の方法では、先代とは相当ぶつかりました。精神的に弱かった私は、急性胃炎になったり、緑内障で救急車で運ばれたりしていました。ただ、実力を徐々につけるにつれて、私の言うことを聞いてくれるようになり、仕組みつくりを色々とできるようになっていきました。その頃から、私自身も、町田のルミネなどの大型物件を相当数受注し、管理するようになっていきました。ただ、並行して建設業の汚い部分も知ることになったのです。例えば、耐火被覆のメーカーの管理職が私腹を肥やすために、取引先の会社から人を独立させて会社をつくらせ、仕事を融通していることもありました。勿論、バックマージンを貰うためです。また、当時のメーカー営業マンはめちゃくちゃでした。下請けに対する工事の発注権を持っている人は、支払い金額を決める打ち合わせ時に、領収書(銀座の夜)の束を見せて、我々に引かせ、それを払えというのです。そんな建設業界が嫌で嫌で仕方無かったです。誰のために仕事をしているのか分りませんよね。建築は、その建物のオーナーや利用する人のために行うべきです。にも拘らず、自身のためだけに仕事をしている人がとんでもなく多い業界でした。ホテル業界のように、お客さまに喜んでもらおうという意識を強く持ち、現場作業員全員が1つになるような仕事をしたいと日々考えていたのを覚えています。

 その後、断熱工事にも力を入れていきます。大学の卒業論文を環境経済をテーマに書いたこともあり、断熱工事の時代が来ると考えての動きでした。(続きは次回へ)

2014.06.20

コメント(0) | トラックバック(0)

いきなりステーキ と GOSS

 社債を発行しないか」と、ある金融機関から提案をいただきました。以前にも言っていただいたことがありますが、うれしいことですね。ただ、まだNENGOはその段階ではないので、丁重にお断りさせていただきました。

 ユニークな営業スタイルの飲食店2店を紹介します。1店目は、「いきなりステーキ」。立ち食いステーキ屋さんです。いつも行列で、並ぶことが苦手な私はいただいたことありませんが、近いうちチャレンジしたいと思います。大きな事件を起こしてしまったペッパーランチグループのお店ですが、ピンチをチャンスに変えたのでしょうね。それと、もう一店は、「GOSS」。グラスワインを豊富に用意していて、30mlからいただけるお店です。先日ある会合の後、一杯だけの約束で、ヨネヤマの武井社長とカンデオホテルの穂積さんを誘って偵察に行ってきました。お店に入るだけでワクワクします。ただ、色々と楽しめるのは嬉しいですが、シャトームートンロートシルト(1995年)は30mlでも6000円もしてました。もちろん低価格なワインも用意されているので、このスタイルはこれからの時代流行るでしょう。地元でも、誰かに営業してもらわないとですね。



GOSS.jpg



いきなり.JPG

2014.06.19

コメント(0) | トラックバック(0)

仕立てる賃貸、入居者募集しています。

 晴海(勝どき)のタワーマンション約70㎡(家賃24万円/月)に住みたい方はいませんか。これからリノベーションするので、お住まいになる方の意見を反映できます。1LDKか2LDKを希望する方に良い部屋です。すべてのお部屋から海が見れます。建築家でしたら、自身で設計して、そのまま住むことができますよ。バリバリ働くDINKSにも向いていますし、バツイチおやじが新しい嫁さんを探す場として最適かもしれません。

2014.06.18

コメント(0) | トラックバック(0)

テレビ東京「なないろ日和」 と 末長組「バースシティ溝の口ティアラ」

 放送後の発信となってしまいましたが、6月17日(火)放送のテレビ東京「なないろ日和」でおんぼろ不動産マーケットを紹介していただきました。嬉しいことですね。

 もう一つ嬉しいことがありました。分譲マンションにポーターズペイントを標準スペックいただきました。その名も「バースシティ溝の口ティアラ」。デベロッパーは末長組さんです。名古屋では、丸紅のOさんが何棟もスペックしてくれたことがありますが、関東でははじめての標準仕様です。末長組さんのマンションはとても素晴らしく、私も購入させていただいたほどです。中古マンションもとても人気があります。カラーシュミレーションもできるWEBを是非ご覧ください。また、営業担当もブログを書いていますので、読んでやってくださいね。これがきっかけの1つになり、日本の住宅がレベルアップすることを願っています。


2014.06.18

コメント(0) | トラックバック(0)

不動産投資のススメ

 最近、若手スタッフに、賃貸用マンションへの投資を薦めています。本日の日経新聞にもありましたが、年金の受給年齢が高くなることも考えると、老後の収入の確保のためにも今から副収入を確保しておくべきと考えています。お客様の立場にもなれますしね。勿論、リスクもあるので、強制はしませんが、ただ単に貯金するだけの時代ではないと思います。頭金が2割くらいあれば、家賃だけでローンを返済できる物件もあります。しかも、10年ちょっとで。1部屋目の支払いが完了したら、2部屋目を購入し、1部屋目の家賃も2部屋目ローン返済に回すのです。1部屋目よりも、はるかに早くローンの返済は終わります。そうやって投資用マンションを増やしていけば、65歳時点では、最低でも月に40万円の家賃収入は見込めると思います。入居してもらえなかったり、地震で壊れてしまうなどのリスクは色々とありますが、そのリスクをなるべく低くする策は指南させていただきますので、興味ある方はご連絡くださいね。



183.JPG

2014.06.17

コメント(0) | トラックバック(0)

NENGOのゴルフコンペ

  昨日快晴の中、NENGOのゴルフコンペが開催されました。200以上たたいた七條、クラブを持たずにティーグラウンドに立とうとする英恵さん、来場時の服装が短パンTシャツだった平岡など、事件は色々とありましたが、楽しいゴルフでした。特に若手は成長著しいですね。ゴルフというスポーツとしてだけでなく、人として多くのことを得ているようです。経験していないことにチャレンジすることは大切ですね。ゴルフだけでなく、今回2度目のゴルフで120を切った中山の釣り企画もあるようなので、私もチャレンジしたいと思います。添付した写真ですが、自身で撮った写真がこれしかないので、お許しください。

 それと、NENGOのスタッフページの写真が新しくなりました。是非ご覧くださいね。

ゴルフ服部.jpg

2014.06.16

コメント(0) | トラックバック(0)

日刊工業新聞に掲載いただきました。

 今更ですが、5月29日発売の日刊工業新聞に掲載いただいておりました。


日刊工業新聞.JPG


2014.06.16

コメント(0) | トラックバック(0)

安全大会と大山街道アクションフォーラム

 昨日、安全大会がありました。多くの協力会社の皆様にお集りいただきました。安全大会も年々レベルアップはしてはいますが、私を含め、まだまだ準備が足りなかったと反省しきりです。問題点として、俯瞰してプロジェクトを見れない、想定力が足りない、去年までの経験が活かしきれていないことがあげられます。次回は、大きな成長を遂げたいものです。ただ、懇親会の席で良い話も聞けました。15年以上働いていただいている親方には、「社長は嘘つかないからついていける」と言ってもらえました。また、数人の方から同じようなことを言っていただきました。「NENGOのスタッフは人が素晴らしい」「まだまだ仕事はできないけど、鍛え甲斐があるよ」と。泣けました。協力会社の皆様あっての我々だと再認識させてもらう機会にもなりました。ただ、A社のAさんの隣に座った瞬間に、「山口さんと飲みたかったにな~」と言われたのは心外でしたけど。(笑)Aさんは、私のブログを随分と読んでいただけているようなので、これを読んで、どのような反応があるか楽しみです。

 安全大会の懇親会後、新卒新人3人娘と大山街道アクションフォーラムに参加しました。前半は、大山街道を今後どのように盛り上げていくか、チームに分かれて考え、発表するグループワークでした。七條青島は、初参加にも関わらず、グループディスカッションを盛り上げ、発表までしてました。後半は、近所5店のレストランがつくったカレーを試食する場でした。カレーフェスタを以前開催しようとして、普段カレーをメニューにしていないお店につくっていただきましたが、雪のため実現できなかった経緯があります。どのお店のカレーも美味しかったです。カレーの試食のためだけにやってきた桃井もしっかり平らげて、みんなと仲良くなっていました。彼女は、ワインを通じても、仲間を増やすのが得意のようです。(ブログ参照)アクションフォーラムの重鎮たちにも、「若い女の子も多くて、盛り上がったね~」と最後に感想をいただきました。3人娘の今後の活躍は相当期待できそうです。ただ、聞いてもいないのに、「ディズニー柄のパンツをはいている」と言っていた人間が一人いたのは心配の種です。

2014.06.14

コメント(0) | トラックバック(0)

NENGOの歴史 第一章(誕生からバブル編)

 日経新聞によると、サンワカンパニー(マザーズ上場)の社長が山根さんに交代したようですね。山根さんは、まだ30歳、伊藤忠出身者は優秀な人が多いですね。

 さて、以前ブログでNENGOの歴史を紹介しましたが、もっと詳細に、1つ1つの事業部のことを書いてくれとスタッフから要望があったので、何回かに分けて記載していこうと考えています。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。今回は誕生からバブル編です。

 先代の的場源一が耐火被覆工事を行う会社として、1983年に創業しました。現監査役的場ハツ子の父、つまり私の祖父が経営していたアスベストのメーカー兼工事屋にもともと勤めていましたが、独立してスタートしました。創業地は、世田谷街道沿い、小田急線の生田とよみうりランド駅の中間で、小田急バスの停留所の横でした。オフィスは、平屋の現場事務所を持ってきて置いただけのような建物でした。創業からどれほど苦労したかを聞く前に、先代は亡くなってしまったので、詳細は知りませんが、相当な努力をし、苦労をしたことは間違いないでしょう。子供の頃、平日に相手してもらった覚えは全くありませんし、休日もどこかに連れて行ってもらったという記憶もほぼありません。その分、母が子供の世話はしてくれたのでしょうね。苦労の甲斐あり、順調に成長し、バブルを迎えます。年商は現在の倍近くもありました。建設業者は皆浮かれていましたね。社員旅行も海外ばかりです。先代が行けない客先の旅行には、学生だった私が代わりに行ったりもしてました。それと、当時建築された建物は手抜き工事がたくさんあるはずです。注意したほうが良いですよ。現場所長も、それなりの物件を担当すると、なぜか自分の家も同時に出来あがったり、車庫にはBMWがやってくるような時代でした。そして、バブルがはじけ、多くの仲間たちがが倒産しました。何千万円も借りて、返してくれなかった人もいます。行方不明になった人もいます。オリエンタル産業(NENGOの前身)が生き残れたのは、現監査役が財布を厳しく管理していたからだと聞いています。もちろん、先代も相当苦労したことでしょうけれど、お金の使い方は派手だったので、一人だったら厳しかったかもしれませんね。いよいよその後、私が入社することになります。(続きは次回へ)





2014.06.13

コメント(0) | トラックバック(0)

「理念経営」(ダイヤモンド社)出版記念パーティー

 熊谷組が施工し、住友不動産は販売したマンション、「パークスクエア三ツ沢公園」が傾いているようです。入居者さんも、建築・販売サイドも、誰も幸せにあなりませんね。一昨晩、21時を過ぎても我が家の近くの「プラウド二子新地」の新築工事現場では、コンクリートの打設工事を行っていました。不良工事にならないと良いのですが・・。

 さて、一昨日、「理念経営」(ダイヤモンド社)の出版記念パーティーがありました。多くの素晴らしい経営者に触れ合うことで刺激をいただきましたし、突然の指名で挨拶もさせていただき、自己鍛練の場ともなりました。「勘弁して~」とも思いましたが、私の成長に期待して、試練を与えてくれているものと感謝しております。今後も社外に出て、様々な経験を積んでいかねばと考えています



出版記念パーティ.jpg



2014.06.12

コメント(0) | トラックバック(0)

5月の月間NENGO と 長期休暇制度

 大和ハウスは2世帯住宅用賃貸マンション事業をスタートするようです。2世帯住宅という響きが好きになれませんが、3世代で同じ屋根の下に住むことは賛成です。子供の教育にも良いはずですからね。

 さて、5月の月間NENGOのメンバーを紹介します。受賞者が多いと私は嬉しいのですが、本人たちは違ったようです。なぜなら、副賞の合計金額はいつも一定なので、受賞者が多いと1人の取り分が少なくなってしまうのです。今後は、事業管理部の高瀬の助言により、変更しようと考えています。

 それと、長期休暇制度の話。NENGOのファミリープログラムには、リフレッシュ休暇制度なるものがあります。3年以上勤めると、連続4日間(5日間でも良いのでは??)休んでもらうという休暇制度です。取得しないスタッフが多いので、リーダー陣にお手本を示してもらっています。これ以外にも長期休暇制度を考えています。たとえば、週休6日で働く代わりに、その分、長期休暇を数回取るようにできないものかと。それが可能だと普段できない趣味や勉強に時間を費やしたり、世界の建築を見に行きやすくなりますよね。制度の名前は、 バカンス(羽閑子)かドンタク(呑宅)でいかがでしょうか。




月間NENGO 5月 ②.JPG

月間NENGO 5月 ③.JPG

2014.06.10

コメント(0) | トラックバック(0)

二子玉川でナンパ

  昨日、玉川高島屋のイタリアンレストランで食事をしていたら、サービスのアルバイトらしい女の子のレベルが相当高く、声を掛けざるを得ませんでした。外見・笑顔・話し方・気遣い、どれをとっても素晴らしかったので、「NENGOへの就職に興味はないか」と声をかけたのです。NENGOのみんなも大喜びすること間違いない子です。残念ながら、大学4年生で、すでにウエディング関係の仕事に内定をいただいているということでした。「気が変わったら連絡をください」と名刺も渡しておいたので、連絡があると良いのですが・・。


 NENGOでは、まだまだ新卒採用活動を続けています。ご興味ある方は、是非こちらからアクセスしてくださいね。勿論、中途採用も募集しています。ただ、誘っておいて言うのも申し訳ありませんが、合格率は2%以下ですので、覚悟はしておいていただけると助かります。

2014.06.09

コメント(0) | トラックバック(0)

インテンショナリーズ と 青島 と 佐藤

 ハイアールがアマダナと提携するようですね。各家庭にデザイン性の高い白物家電が並び、インテリアのレベルアップにも繋がることでしょう。アマダナのデザインをしているインテンショナリーズさんは、ポーターズペイントを日本で一番はじめにスペックしてくれたインテリアデザイン事務所です。応援させていただきます。

 さて、写真を見てください。左の奥のスタッフ、そう、昨日のブログにも登場したポーターズペイント青島です。社員旅行の写真を整理したいたら見つけました。見事なガニ股です。自身のブログで発信していた(なでしこお品書き)はどうなったのでしょうか。


zenntai.jpg














 それと、もう一枚の写真。NENGOリノベーション佐藤です。代々木上原にある中古ビル活用のプレゼンに同行したときの彼の服装です。やってくれますよね。「この後、司会の仕事が入っている」と伝えたら本気にされていました。私は「差別化」「らしさ」が大好きです。もっともっと遠慮なくやって欲しいです。



satoupurezen.jpg

2014.06.06

コメント(0) | トラックバック(0)

無題

 私がいる部屋にポーターズペイント事業部の新人青島が入ってきて、「ふーよっこいっしょ」と言いながら、プロジェクターを持ちだしていきました。面白い奴です。
 
 写真は田園都市線溝の口駅の改札口にある売店です。朝、おばちゃんにお願いして撮影させていただきました。見ていただきたいのは、積まれている新聞の量の違いです。一番高い山2つが日経新聞です。他紙と段違いですよね。天邪鬼な私は、これを見てから日経新聞を避けがちです。ただ、駅の売店とは言え、これだけの違いを見せつけることができている日経新聞の差別化戦略は気になるところです。



日経新聞.jpg















 最近、部下からの同行依頼が増えています。嬉しいことですね。昨日もポーターズペイント事業部MUKU担当の鈴木と安田と営業同行しました。とても素晴らしい取り組みをされているデベロッパーの代表にお会いさせていただきました。詳細は追々報告させていただきます。写真は、ミーティング後のランチです。減量中の私を差し置き、2人は豪勢にステーキを食べていました。その後の営業先では、きっと悪臭を撒き散らしていたことでしょう。




鈴木と安田.jpg

2014.06.05

コメント(0) | トラックバック(0)

「理念経営」がダイヤモンド社から出版されました。

 日経新聞によると、年金の将来の受給額の見通しを厚生労働省が発表したようです。経済成長率や働く人の数が異なる8ケースで、将来の給付を試算しています。現役収入の半分以下になるのは、仕方なそうな雰囲気です。あるスタッフと話をしているのですが、年金代わりになる投資用マンションを購入しないかと。若いころから購入していれば、引退時に月額40万円くらいの収入には少なくともなるはずです。団体信用生命保険に入っていれば、自身がもしも死亡したとしても、遺族への遺産代わりにもなりますしね。ただし、震災だったり、入居者が事件を起こしたりするというリスクはありますが。
 
 さて、添付した写真の本「実力派経営者50人が語る『理念経営』その強さの裏にあるもの」がダイヤモンド社から発売されました。NENGOも掲載いただいております。是非お読みください。

理念経営1.jpg
理念経営2.JPG

2014.06.04

コメント(0) | トラックバック(0)

子曰く、君子は諸れを己に求む。小人は諸れを人に求む。

 松山英樹がアメリカツアー初優勝を果たしました。やってくれました。おめでとうございます。彼はまだ22歳です。私の半分の人生しか経験していないのに、立派過ぎですよね。

 さて、昨日入社一か月の新人竹藤がポーターズペイントのワークショップの進行役をはじめて務めました。教育プランからするとまだそんな時期ではなかったのですが、横浜市議会議員の大岩さんから軽めのワークショップを体験したいとのことだったので、急遽やってもらうことにしたのです。結果は、ほぼ満点。素晴らしかったです。本人もとても前向きにチャレンジしてくれました。これだけ出来るなら、次回から完全に任せることができます。出来ないスタッフに、無理矢理任せると良いことないですが、できるスタッフに仕事を任せないのも罪になると感じました。NENGOには、成長の早いスタッフが揃っています。チャレンジできる機会をどんどんつくってあげたいですね。


わーくしょおおぽぷの.jpg



2014.06.03

コメント(0) | トラックバック(0)

33期を迎えることができたこととダイエットの話。

 NENGOは6月1日、皆様のおかげをもちまして、第33期を迎えることができました。32期は、まさしくボチボチな結果となりましたが、今後の飛躍に向けて着々と準備は整ってきています。引き続きお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 昨日考えたこと。会社でも家庭でも、入金よりも出金を少なくするという作業をしています。それさえ出来ていれば会社が倒産することはありません。当たり前のことですね。これと似たようなことがダイエットにも言えます。消費するカロリーよりも、摂取するカロリーが多いと肥るので、その逆をすれば、ダイエットできるわけです。ロジカルシンキングと気持ちがあれば、必ずダイエットは成功します。自慢ですが、私はこの20日間で5kg痩せました。アメリカンフットボールを経験したことある人は、5kgの体重操作は簡単にやってのけるはずです。ダイエットしたい人は指導しますのでお声かけください。

 先日、そのアメフト経験者の凄い先輩にお会する機会を得ました。UTIDEの齊藤さんに紹介していただきました。外見・人間性・ビジネススタイル、どれもが格好良いのです。年齢は一回り上の方ですが、12年後に自分がこうなることができるのかと考えさせられました。勝手に目標にさせていただき、頑張りたいと思います。

 それと、NENGOリノベーションで手掛けさせていただいたお宅を、HOME'S PRESSで紹介いただきました。お時間あったら、ご覧くださいね。

2014.06.02

コメント(0) | トラックバック(0)