株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

結果には原因があり、問題には解決策がある。

 ドーナッツ戦争の話です。現在日本では、ドーナッツの売上の90%がミスタードーナッツです。その独占状態に目をつけたセブンイレブンが、ドーナッツの販売をスタートしました。しかも、100円。100円コーヒーで成功を収め、次の戦略を売ってきました。ミスドも対抗策として、100円セールを実施しています。1350店舗のミスド対17,000店舗のセブン。軍配はどちらに上がるでしょうか。(写真はミスタードーナッツ綱島店)


ミスド.JPG











   













 最近、若手スタッフと話をする機会が多く、度々「結果には原因があり、問題には解決策がある」と伝えています。問題にぶつかり、動けなくなっている人がいますが、問題は必ず解決できます。考えてもアイデアが出ない時は、悩み過ぎることなく、解決できそうな人を頼りましょうね。


2014.11.28

コメント(0) | トラックバック(0)

NENGO女子

 NENGOは女子率が50%を超えています。そして、お酒好きが多いです。(ブログ参照)また、時々ノーメイクのスタッフを見つけます。お客様だけでなく、一緒に働く男性陣をも舐めてますよね。イエローカードです。NENGOでは、職業柄、ノーメイクを無塗装と呼んでいます。

2014.11.26

コメント(0) | トラックバック(0)

最悪を想定している人は、いつもハッピー

 西濃運輸のお兄さんに体調大丈夫ですか?と聞かれた新畑は「馬鹿は風邪ひきませんから。うっはっはっはっは・・・」と答えていました。

 私は普段から「最悪な事態を想定しろ」と話をしています。ビジネスで最悪を想定していると、突発的なことが発生してもあたふたすることなく対応ができます。これはビジネスだけでなく、プライベート時にも当てはまり、いつもワーストな事態を想定しつつ生きていると幸せに過ごせます。最悪なことは基本的には起きないですからね。例えば、車のシートベルトは、車が事故を起こすという最悪を想定して、装備されています。慣れるまで装着するのは嫌でしたが、今はない方が不安になりますよね。最悪想定人生、是非お試しを。

2014.11.25

コメント(0) | トラックバック(0)

分譲事業をスタートします。

 三歳の娘に、再び「将来何になりたい?」と聞いたら、「救急車!」と答えてもらいました。

 さて、NENGOは分譲事業をスタートします。浜田山の新築マンションのスケルトン分譲です。詳細はこちらをご覧ください。こちらの物件以外にも、100年後の街つくりに向けて、色々と仕込みをしております。楽しみにしていてください。

hamadayamashasin.jpg























 目の前で、NENGO断熱チームがミーティングを行っています。若手スタッフがベテランスタッフに考えを遠慮なく伝えていて、活発な意見交換をしています。ちょっと感動しています。先輩に言いたいことを言う若手も素晴らしいですし、若手の意見を素直に聞く先輩も褒めてやりたいです。きっと成果に繋がるでしょう。

2014.11.21

コメント(0) | トラックバック(0)

仕組みの話

 三歳の娘に「将来何になりたい?」と聞いたら、「チョウチョ」と答えてくれました。

 さて、仕組みの話です。例えば、ビジネスにおいて、成果を出している場合、出していない場合とありますが、どちらの結果になるにせよ、そのようになる仕組みがあるからです。これは、各個人のプライベートにも当てはまります。いくら活動したとしても、結果を出せない仕組みで動いている人は結果を出せないのです。例えば、体調が悪いと悩んでいる人に、生活習慣や食事などの話を聞いたら、それは体調が悪くて当たり前ということがありますよね。結果を変えたいなら、仕組みを変えれば良いのです。そんなことを考えているので、最近スタッフとの同行や面談を増やしています。同行依頼をもらうところからですが、その瞬間から、スタッフの問題点が明らかになることが多いです。素質があるスタッフばかりなので、仕組みを変えたら、簡単に成果がでることでしょう。そして、スタッフのことだけでなく、私自身ももっと高い位置から、NENGO全体の仕組みを見つめるべきと反省しています。

2014.11.20

コメント(0) | トラックバック(0)

10月の月間NENGO

 みんな頑張ってます。

写真 1.jpg
fdafadfadf (1).JPGfdafadfadf (2).JPG


2014.11.19

コメント(0) | トラックバック(0)

アマンリゾーツの日本進出

 「能動的な人は未来のために生き、受動的な人は今のために生きている」ように感じる今日この頃。この考え、いかがでしょうか。

 さて、アマンリゾーツがいよいよ2014年12月22日東京大手町に開業します。5年前、開業準備のために担当者(知人の日本のデベ)がシンガポールのゼッカ会長を訪ねたときに、偶然にチャンギ空港でお会いしたことを懐かしく思い出します。ゼッカ会長は、スリランカのバワの設計手法、その土地の風土や文化を取り入れることを世界で実践してきています。日本の、しかも大手町でどんなホテルをつくるか楽しみで仕方ありません。ただ、実はそれほど期待してはいけないとも思っています。大手町らしさがもしもデザインされていても、表面的な軽い仕上がりになってしまっているはず。そして、その土地にはその土地らしさがあり、その土地で相当な歴史を積み重ねない限り、リゾートホテルとして根付くことは無理です。地元で100年経営している旅館(例えば京都の俵屋さんなど)の方が、その土地を楽しむためには、良いに決まってます。100年後に結果検証をしてみたいものです。

2014.11.19

コメント(0) | トラックバック(0)

「君子は固より窮す。小人は窮すればここにみだる」

 浅賀・山口が勤続8年、和泉が3年を越えました。浅賀は入社前からペイントの手伝いに来てくれたことを懐かしく思い出します。最近、以前よりは勤続年数が長くなってきています。お互いをフォローするスタッフが増えてきたからだろうと思います。まだまだ足りませんけれど。以前なら、ついていけないスタッフは放置され、ただ辞職するか、もしくは、愚痴を言い合う仲間を見つけて、雰囲気を悪くしていました。ここ数年のNENGOの成長は目を見張るものがあります。今後もミッション達成のため、企業レベルをワンランクアップしなくてはなりませんし、社内温度をさらに高くしようとしています。「君子は固(もと)より窮す。小人は窮すればここにみだる」と論語にもあるように、立派な人でも大変なときはあります。みんなで頑張っていきたいと思います。

2014.11.14

コメント(0) | トラックバック(0)

徳は孤ならず。必ず隣あり。

 横浜市会議員の伊藤ひろたかさんに紹介いただいたL社のAさんに、L社の戸建て分譲物件3箇所を案内していただきました。NENGOのスタッフのうち2名は、休日にも関わらず参加してくれました。物件の評価は置いておきますが、このAさんの動きには本当に感心させられます。何の得もないのに、NENGOのスタッフに対して、時間を割いて、尽力してくれました。(勿論、将来何かお返しをしなくてはと思っています)自身で発想し、自ら動く。しかも、速くて、ち密。いやあ凄い人です。得ではなく、徳を積んでいるのでしょう。素晴らしい人の近くには、素晴らしい人がいるものです。
 
 また、NENGOのスタッフでオフィスの周囲に落ちているゴミを拾うメンバーが増えています。これも徳を積んでいるのでしょうね。


risuto.JPG


2014.11.13

コメント(0) | トラックバック(0)

メンテナンスフリーは、供給者のエゴ。

 建築の会社なのに、スタッフに建築(建築史など)の知識があるスタッフが少ないと若手スタッフに心配されてしまいました。一般的な不動産・建築会社と比べるとその比率は高いですが、我々が目指す会社となるには、確かにその通りです。その土地の気候・風土・歴史・文化を読み込むことを最低条件にしているにも関わらず、建築の歴史を知らないようでは話になりませんからね。そんなことを言ってきてくれるメンバーに感謝です。


 話は変わりますが、靴の話です。私は普段履いている靴に愛着があり、大切にしています。必ず自宅ではシューキーパーを使っていますし、クリームも塗っています。現在、雨でやられてしまい、皮の表面がちょっと調子悪く、必死にメンテナンスをしています。そんな時、気がついたことがあります。手を掛ければ掛けるほど、愛着が増しているのです。これって、家にも当てはまることですよね。メンテナンスフリーが良いとされる日本の建築ですが、実はそれは消費者側の勘違いか、供給者側のエゴかもしれません。

2014.11.12

コメント(0) | トラックバック(0)

リクルートスーツ

 今朝の朝礼で佐藤が一発芸をして、みんなを盛り上げていました。貴重な存在です。

 さて、リクルートスーツの記事を見つけました。無難な黒系が9割だそうです。「私はみんなと同じで、差別化できていませんよ」とアピールしているに等しいと感じます。私は、藤田観光の人事部で採用面接を担当していたことがありましたが、朝から晩まで何十人もと面接していると、みんな同じに見えてきて、後で履歴書を見返しても「こんな人いたかな?」と印象に残りません。服装で他者と差をつけることは、簡単なはずなのに。ただ、美人は別です。服装が普通でも、一次面接は合格とさせていただいていました。(写真は、NENGOの採用面接時の服装例です)

 写真一番右のNENGOリノベーション七條がいい感じのブログを書いているので、是非読んでみてくださいね。

kenntafだだf.jpgegashira.jpgnakayama.jpg
obokata.jpg

2014.11.11

コメント(0) | トラックバック(0)

以前のポーターズペイントショップ

 本日2つ目の記事となりました。昔のポーターズペイントショップの写真が出てきたので、発信します。世田谷ものづくり学校のエントランス横に以前はありました。池尻中学校の廃校後の活用を考えていたメンバーが仲間だったこともあり、ポーターズペイントショップありきで、企画してくれたのです。


画像 003.jpg画像 009.jpg画像 054.jpg

2014.11.10

コメント(0) | トラックバック(0)

休日中に考えたことを2つ3つ。そして、宣伝。

 NENGOの新卒向け会社説明会でも、今後日本では今以上に格差社会になると発信しています。すでに、年収400万円以下と年収800万円以上に分かれてつつあり、仕組みをつくれる人間とそうでない人間(歯車)の差が浮き彫りになってきています。そして、企業サイドもビジネスにおいて、どちらを対象とするか、決めなくてはなりません。中間層は無くなるので、「高級志向に徹するか、薄利多売に甘んじるか」になります。NENGOは当然前者となるでしょう。

 成果を出す人とそうでない人の差は、時間の使い方に尽きます。時間の使い方の下手な人をパターン分けしましたので、自身はどれに当てはまっているか、考えてみてください。①作業スピードが遅い。②やっても成果が出ない無駄なことに時間をかけている。③受け身で仕事をしていて、主体的でない。以上の3パターンです。例えば、考えることは良いことですが、悩んでいても結論が出ないことに時間を使う人もいます。このような人は②に当たります。また、ミーティングを2時間以上行っている場合は、①②③どれもが当てはまっている可能性が高いですが、特に③の修正が重要です。主導権は自分で持ちましょう。

 私が住む二子新地という街は、再建築不可の土地がたくさん存在します。しかも、そのような土地にある建物が放置され、酷い状況になっています。人が住んでいるにも関わらず、お化け屋敷のような建物もあります。そのうち、犯罪の温床になったり、火事の発生源になる可能性が大です。このままでは、住みたい街ランキングに登場することは夢のまた夢。なんとかせねばと、最近このような家の回りにNENGOのチラシをポスティングしています。相談に乗りたいので、ご連絡お待ちしております。

 それと、ビジネスは何事も数値で管理をしようと再覚悟した週末でした。



 2つ宣伝です。中古マンションの購入とリノベーションのセミナーを開催します。興味ある方はこちらをご覧ください。


 それと、私が2回目の独身時代に住んでいたシャンポール上馬が、売却賃貸、両方で市場に出ております。駒沢大学駅から徒歩7分。63㎡ワンルームです。いい部屋ですよ。

シャンポール.jpg


2014.11.10

コメント(0) | トラックバック(0)

遠藤新設計 葉山の加地邸

 有機的建築(オーガニック アーキテクチュア)とは、生きている建築で、時代に適し、土地に適し、人に適している建築のことです。そして、フランク・ロイド・ライトは語っています。「有機的という言葉は、ヨーロッパのいかなる古典様式の建築にも、またいかなる時代の建築様式にも使えません。現存するどの建築にもこの言葉は当てはまりません。ただ、例外的に日本の建築にはしっとりと当てはまります。日本の住居は、まさに有機的です」と。

 現在、ライトの弟子で、旧帝国ホテルの設計に携わった遠藤新さんが設計した葉山の加地邸が11月中公開されています。継承を考えたい方は、是非ご連絡ください。(室内の写真撮影は禁止されています)



IMG_5307.JPG

IMG_5330.JPG
IMG_5326.JPGIMG_5314.JPG

2014.11.07

コメント(0) | トラックバック(0)

アウトプットが大事。

 高津スポーツセンターで開催されたミニバスケットボールの試合「世田谷川崎フレンズゲーム」にNENGOが協賛させていただきました。これは、世田谷と川崎で行われる、交流・友情の構築を目的とした試合です。スポーツを通して健全な育成を願い、地域に根差したこの会に参加した全18チームにボールの提供を行い、MUKU・ポーターズペイントのリーダー伊藤が閉会式で謹呈してきました。これからも、地域貢献・社会貢献をしていきたいです。今回の協賛も、和泉三ツ橋のアウトプットがあったからこそ、種々の壁を乗り越え実現しました。アウトプット大事ですよね。先日のストライダーとの取組もブログで紹介いただきましたので、是非読んでください。子供たちの姿が可愛らしいですよ。

 普段から社内では「アウトプットをしよう!」と発信されています。せっかく得た知識や情報を、自分だけのものにしていても、宝の持ち腐れですし、本当に宝なのかわかりません。アプトプットし、他人に評価を受けることで、本当の宝かを把握することができるのです。「出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない。そして、出ない杭は腐る」ということで、NENGOスタッフのアウトプットに出会ったら、是非叩いていただけると幸いです。



11 (1).JPG22 (4).JPG66 (1).JPG77 (1).JPG

2014.11.07

コメント(0) | トラックバック(0)

 転部プロポーズ大作戦 と NENGOチャレンジ

 転部プロポーズ大作戦(転部希望制度)とNENGOチャレンジ(新規事業立ち上げ制度)をつくりました。(詳細はこちら)以前から、そのような制度はありましたが、有名無実でしたので、制度をリノベーションしました。前者は私が、後者は小沢がネーミング担当です。

 それと、MUKUの防火扉が納品されましたので、写真で紹介させていただきます。ミャンマーチークの無垢材でできている防火扉です。


代田2.jpg代田1.jpg代田6.jpg

2014.11.06

コメント(0) | トラックバック(0)

明治大学で不動産・建築業界就職セミナーを開催しました。

 昨日、明治大学生田校舎で不動産・建築業界就職セミナーを開催しました。生田中学出身の私には思い入れのある学校で、しかも、NENGOで耐火被覆工事をさせていただいたA館でのセミナーでした。山本先生や田村先生の生徒達が集まってくれました。今回のセミナーが実現したのは、両先生の教え子である宮永のおかげです。素晴らしい機会をつくってくれました。明治大学出身だからとくっついてきた山内も、場を盛り上げ、学生を合魂に誘うなどしていました。セミナー後の懇親会でも、お酒を飲めないくせに、よくもあれだけ下ネタ話ができるものかと感心するほどの活躍を見せていました。

 建築を学んでいる学生は、コミュニケーション能力が高いですね。しかも、山本先生や田村先生のようにレベルの高い実業を経験している人に、建築や不動産を教えてもらえているのは、相当恵まれています。羨ましいです。知識的には、そんじょそこらのビジネスマン以上に間違いなくなります。一度社会に出てから授業を受けることができたら、有難味がもっと理解できるかもしれませんね。素質があり、素直な学生が多いので、社会に出ても、その能力をいかんなく発揮し、まっすぐ生きて、世のため人のために活躍して欲しいと感じました。「人の生たるや直なり、之をまげて生くるや幸いにして免がる」

 山本先生、田村先生、学生の皆さん、この度はありがとうございました。


meijiセミナー.JPGmeijida.jpg

2014.11.05

コメント(0) | トラックバック(0)

中古ビルの活用提案のお話をいただきました。

 川崎のビルのオーナーさんから、所有されている中古ビルの活用を考えてくれということで、NENGOリノベーションの山内と佐藤と一緒に現地視察に行ってきました。写真のうち3枚がそのビルのもので、残りの3枚は近隣にあるゲームセンターです。どの写真がどちらだかわかりませんよね?私は2回目の訪問でしたが、はじめて訪問した二人は、建物の可能性に興奮し、相当はしゃいでいました。このビルの、企画・リノベーション工事・リーシング・管理をすべて任せていただけることができたら、相当面白いことになりそうです。中型中古ビル活用のお手本になることでしょう。楽しみにしていてください。

yoneyama1.JPGyoneyama3.JPG


yoneyaama8].JPG
yonayaag5.JPG
yoneyama6.JPGyoneyama7.JPG


2014.11.04

コメント(0) | トラックバック(0)