株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

「川崎人の心に火をつける消防士」

 NENGOでは川崎市川崎区にある築50年近いビル(延床800坪弱)の再生のお手伝いを現在させていただいております。また、高津区の大山街道沿いにも新築3F建てのビルをプロデュースをさせていただたりと、川崎市内の仕事が増えてきています。地元ですので、当然ではありますが。そんな中、田村さんという消防士さんと知り合いました。川崎を盛り上げようと色々と活躍されている方です。東洋経済ONLINEにも取材されているように、川崎人の心に火をつけています。消防士なのに火をつけるのがお上手です。今後も一緒に川崎の街つくりをやっていけると思うと、楽しみで仕方ないです。川崎をスケベな街から、セクシーな街へ!

2016.02.29

コメント(0) | トラックバック(0)

木所農園と加藤花飾堂のコラボ

 TさんとYさんから野菜の花束をいただきました。これはちょっと感動モノです。さすがなお二人です。川崎という街が盛り上がていく予感がします。

浅賀.jpg

2016.02.25

コメント(0) | トラックバック(0)

「恥の文化」

 毎朝、会社の周りのゴミ拾いをしています。連日、口紅付きのポイ捨てされたタバコを見つけてしまい、いつも以上に悲しんでいます。オカマが捨てたのなら、まだ良いのですが。最近、自治体によっては、ポイ捨て禁止条例が成立してますが、これもまた寂しい話です。法律が無いとポイ捨てはなくならないのでしょうか。罪と罰の文化ではなく、武士道的な、恥と美の文化が日本にはあるはずです。この文化を絶やしてはなりません。今後グローバルな時代になればなるほど、その価値が高まるのは間違いないでしょう。NENGOは、この無くなりつつある日本らしさを取り戻すためにも、街つくりをしていきます。

2016.02.24

コメント(0) | トラックバック(0)

焼肉「はやみ」(高田馬場)

 昨晩、早実出身者のたまり場にもなっている焼肉屋「はやみ」にお邪魔してきました。(私は早実出身ではないです)伊東豊雄設計事務所時代に台湾のオペラハウスの設計に携わり、最近独立した早稲田のアメフト部の後輩である佐野に誘って貰いました。ナカナカお目にかかれないお肉を手頃な価格でいただけます。お奨めですよ。また、早実出身者の名刺もストックされていて、交流が生まれたりもしているようです。街の活性化にも繋げることができますね。大きな差別化です。飲食店経営者の皆さまは真似してみてはいかがでしょうか。

daichun112333.JPGはやみ.JPGtaichunn44.JPG

2016.02.23

コメント(0) | トラックバック(0)

「ペイントOKドットコム」の復活

 入居者が自身のお好みの色に壁や天井をペイントできる賃貸アパート・マンションを紹介する「ペイントOKドットコム」(ペイントOKどっと混む)を復活させます。自身のお部屋に愛着を持っていただく仕組みとして考え出し、スタッフの山口がNENGOへ入社するきっかけとなったサイトですが、あまりにも先取りし過ぎていたために、10年程前に休止していたのですが、この度再スタートを切る運びとなりました。賃貸マンションやアパートをお持ちのオーナーさんで、入居者がペイントしても良い物件をお持ちの方は、是非ご連絡ください。(写真は、UDSさんが企画したコーポラティブハウスで、入居者さんがみなさんで共用部をペイントした際の写真です)

ペイントOK.jpg

2016.02.22

コメント(0) | トラックバック(0)

「老人の老人による老人のための政治」

 若者は自分たちが投票に行かないから、「老人の老人による老人のための政治」になってしまっていることを自覚すべきです。政治に文句を言う前にやることがあるかと。自民党が悪いのではなく、自分の周りに起きていることは、自身の責任なのです。特に20代の若者には、選挙に行っていただきたい。超格差社会になってからでは遅いのです。このままでは厳しい未来がやってくるのは間違いない。

老人の老人.jpg

2016.02.18

コメント(0) | トラックバック(0)

織田コレクション

 モダンリビング下田さんのご案内で、世界の1300脚の椅子などを所蔵されている織田先生に旭川でお会いさせていただきました。もっと家具のことを学んでからお邪魔すべきだったと反省しています。織田先生に教えていただきましたが、椅子が長年活躍するには理由があり、構造、機能、素材、デザイン、愛着が大事とのこと。このことは椅子にだけ当てはまることではなく、建築も同じですね。織田先生のご自宅にもお邪魔させていただきましたが、織田コレクションが活きる「究極の普通」な建物でした。そして、これほど愛着あるものに囲まれて過ごされている人に久しぶりにお会いしました。心温まる2日間でした。皆さんに感謝です。

織田コレ4.JPG織田コレ①.JPG織田コレ3 (1).JPG織田コレ3 (2).JPG

2016.02.16

コメント(0) | トラックバック(0)

「無駄な時間の使い方」

 私に対して普通な挨拶をして、普通な説明をするだけで帰っていく営業マンがいます。無駄な時間を使い続けている営業マンです。ビジネスは、お客様の要望に応えるのではなく、感動していただくことが基本だと考えています。要望に応えようとするだけでは、感動してもらえないどころか、満足いただくことも少なく、さらには要望と大きく掛け離れていると最悪クレームをいただくことになります。そして、これは営業にだけ当てはまるわけではなく、事務作業や面接などほぼすべての業務に当てはまります。社内のスタッフと同行・同席をしていると、無駄が蔓延していることに気がつきました。現在の成果を出すためには、半分の時間で十分でしょう。すでに、ある事業部では手を打ち出しました。必ず成果が出てくるはず。短い時間で成果が出せる、真のプロ集団にしてみせます。

2016.02.12

コメント(0) | トラックバック(0)

NIIZEKI STUDIOとNENGO

アウトバウンド1 (2).JPG 会社説明会にきてくれた学生と話をしていたら、NIIZEKI STUDIOかNENGOに入社したいとのこと。珍しい選択かもしれませんが、私はセンスある学生だと感心しました。なぜなら、NIIZEKI STUDIOの新関さんとは、もともとnengoというボランティア団体を立ち上げた仲で、行っている業務は違えど、方向性は近しいからです。ボランティア団体としては、解散しましたが、今後も日本の街を一緒につくっていきたいと考えています。写真の2物件は、吉祥寺にあるNIIZEKI STUDIO設計物件です。ライフスタイルショップのOUTBOUNDは、NENGOで施工させていただきました。このOUTBOUNDのおかげで周辺はとても活性化しています。実は、こんなセンスあるお店の近くにある中古マンションの販売活動もスタートしました。ご興味ある方は、おんぼろ不動産マーケットをご覧ください。

アウトバウンド32 (1).JPGアウトバウンド3.JPG

だんでぃそん1.JPGだんでぃぞん2 (1).JPGだんでぃぞん2 (2).JPG

2016.02.12

コメント(0) | トラックバック(0)

社長はドMな方が良い??

 ファーストリテイリングは人材輩出企業ですね。弊社もお世話になっているリヴァンプの澤田さんが、ファミリーマートの社長に就任されるようです。ローソンの玉塚さんと共に、コンビニ業界を引っ張っていくことでしょう。楽しみです。そして、お二人もそうですが、一流な経営者はやはりドMだと先日再認識しました。コンラッドの森ソムリエが世界大会の出場前に応援に行こうということで、経営者数人で食事会を開催しました。5人中3人が上場企業の代表だったのですが、そりゃあもう皆さんドMで、私もその気は多少ありますが、ちょっとついて行けないレベルでした。自分に厳しく、そして、差別化がしっかりなされています。美味しいワインに酔っぱらいながらも、大変刺激的な一夜でした。私自身、年齢も年齢なので、最近ちょっと焦っているところに、スタッフのH・Sから、「最近顔が暗い」と言われてしまいました。見透かされてますね。頑張ります。

2016.02.09

コメント(0) | トラックバック(0)

ロボット総理の誕生。

 言われたことだけやっている人はいつになっても人を感動させることはできません。そんなスタッフを社内で見つけると「学生でもできるような仕事をするな!」と激を飛ばしています。そのうちロボットやAIに仕事を奪われることが容易に想像がつくからです。グーグルは、チェスや将棋をはるかに上回る難易度の囲碁で、プロ棋士に勝てる人工知能を開発したそうです。人間の脳のように自ら学習して能力を高めることができるそうです。2020年までに東大に合格する人工知能もできるそうですし、今後人間って何をしたら存在意義をキープできるのでしょうか。ロボットが選挙権を主張する時代も近いでしょうね。女性総理よりも、ロボット総理の方が早く実現するやもれしれません。

ひな祭り.JPG

2016.02.04

コメント(0) | トラックバック(0)

賃貸住宅のリノベーション

 NENGOでは賃貸マンションの内外装工事を請け負わせていただくことが多いです。1部屋のリノベーションから、大規模修繕工事まで色々と手掛けさせていただいています。最近、賃貸アパートやマンションのリノベーションを色々と見させていただくと、やり過ぎてしまっていることが多いようです。我々は「究極の普通」と言っていますが、住宅は心と体が休まり、人間の三大欲求を満たすことができる部屋にすべきです。普通と言っても、温熱環境からカラーまで考えることはたくさんあります。同じ費用をかけるなら、入居者様に長期間喜んでいただけ、しかも次の入居者さんにもそのままご入居いただける部屋つくりをした方が良いかと。勿論、費用をかけずに入居者様を集める策を考えることも得意としてますので、是非お声掛けください。

192.JPG082.JPG

外壁のリノベ.jpg

2016.02.02

コメント(0) | トラックバック(0)