株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

長男誕生

 先日、長男が生まれました。母子共に元気です。名は、先代の源一と私の敏行からとって、「一敏(かずとし)」としました。NENGOのコーポレートマークである富士山と同じように、ナンバー1・オンリー1な存在になってもらいたいという気持ちと、的場家の一文字の家紋も考慮し決めました。一敏が成人するとき、私は生きていたら66歳ということになり、友人からも心配いただいていますが、妻がとてもしっかりやってくれているので全く心配していません。家族が一人増えるよりも、社員が一人増える方が、私自身にはプレッシャー(良い意味で)なのです。そんな環境をつくってくれる妻には本当に感謝です。話がそれましたが、今後一敏を御贔屓に。

かずとし.jpg

一敏.JPG

2016.07.25

コメント(0) | トラックバック(0)

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 何事も経験してからでないと学べないのなら、いくつ身体があっても足りません。他人の経験をも自身の経験にしてしまおうということです。皆さんは、大河ドラマを観てますか。経営者や差別化できている人は大河ドラマからも学んでいます。想像ですが、経営者の視聴率は一般のと比べ倍はいくはず。そして、この言葉は、自身の経験ばかりで物事をジャッジする人を諫めているような気もします。自分の経験なんてちっぽけな殻に閉じこもっていて、成長の可能性がないと自ら言っているものかと。私も自身の経験を自慢気に話をしてしまうことがありますが、注意しなくてはですね。

小さな箱.JPG

2016.07.22

コメント(0) | トラックバック(0)

自然と仲良く暮らす

 寝苦しい季節になりました。優しい風を家の中に通して寝たいですね。風の通り道がどうしたらできるのか、窓の開け方を工夫してみましょう。空気の温度差を利用し、気流をつくる方法もありますが、そのように設計されていない家では諦めるしかありません。お庭のある方は、庭の利用方法を考えましょう。家庭という字は、「家」と「庭」でできています。庭を利用し、自然を家に取り込むことが、家庭成立の条件の1つだと考えます。NENGOでは、自然と仲良く暮らすことを提案しています。季節によって、一番寝やすい部屋に家族で布団を敷いて寝てみてはいかがでしょうか。毎日がキャンプです。しかも、ベッドルームはベッドルームとしてしか利用できませんが、畳の部屋でしたら、寝室以外としても利用できます。狭い日本の住宅の有効利用です。ただ、都心のマンションでは、騒音・大気汚染やセキュリティ上諦めている人も多く、窓を閉め、エアコンをつけているはず。夜寝ている間に喉を痛めたことありませんか。そんな人にお奨めなのが、輻射熱の冷暖房ARH&c(アーク)です。音も風もなく、しかも、適当な湿度を保ってくれます。美と健康を気にされる方は是非お試しください。

arhc_06_pc.jpg

2016.07.21

コメント(0) | トラックバック(0)

芦屋市屋外広告物条例

 芦屋市屋外広告物条例が施行されました。山中市長は、住環境がウリな芦屋市の街並みをさらにレベルアップしようとしているとおっしゃっています。大変厳しい内容ですが、私は賛成です。看板は、自分だけが目立とうとする目的のものがほとんどなので、基本街並みを破壊しますからね。今後は建物自体の規制を厳しくしたり、政治家のポスターについても禁止してもらいたいです。(写真は芦屋市から車で30分の丹波篠山です)

たんば2.jpg

たんば1 (1).JPGたんば8 (2).JPGたんば32.JPG

2016.07.19

コメント(0) | トラックバック(0)

100年一括借り上げマンション

 日本の人口は西暦2100年には5,000万人になるかもしれません。にも関わらず、賃貸アパート・マンションはまだまだ建てられています。30年一括借り上げと言って営業している会社が多いですが、騙されないでください。賃料は見直しがありますし、修繕費もかかります。NENGOなら、100年一括借り上げできる契約内容です。この人口減少時代に駅から遠い物件をすでにお持ちの方は大変心配されていることでしょう。そんな皆さんにお奨めなセミナーを開催します。「バス便立地の大家さんが語る満室経営レシピ」このセミナーに参加いただき、自分では保有し続けない方が良いと判断されるのもありかもしれません。駅から10分以上の場所に賃貸アパート・マンションをお持ちの方は是非いらしてください。

2016.07.18

コメント(0) | トラックバック(0)

日本一の副市長

 NENGO中村と川崎市の三浦副市長にお会いしました。川崎発展の立役者である三浦副市長には、NENGOが施工を請け負わせていただいたUNICO COURT(バスケコート)の始球式にも先日お越しいただきました。今後の川崎の街つくり(特に大山街道や日進町)について、大変力強いお言葉もいただきました。それに、「川崎をスケベな街から、セクシーな街へ」という標語にも賛同いただくなど、市民レベルになって街のことを考えていただけます。そして、川崎において街つくりをしているプレーヤーのことはほとんどご存知なのです。包容力があり、しかも、頭が切れる。こんな副市長、他の地域にはいないでしょうね。

三浦副市長2016.7.14.jpg

2016.07.15

コメント(0) | トラックバック(0)

上星川にある多国籍レストランMONA

 上星川駅前に、MONAという多国籍料理屋さんがあります。S社のSさんに紹介いただきました。13年間和食の修行をしたインド人オーナーシェフが世界各国の料理を融合した差別化された料理を提供しています。脳と舌にエクセレントな刺激をもたらしてくれますよ。仕事で行き詰っている人などには特にお奨めかと。

mona2 (2).jpg

2016.07.12

コメント(0) | トラックバック(0)

人間性を回復する生活

 明月院に行ってきました。山ノ内経俊が永暦元年(1160)に平治の乱で、戦死した父・首藤刑部大輔俊道の菩提供養として、明月院の前身の明月庵を創建しました。そういえば、この地の地名も山ノ内です。歴史は面白い。紫陽花で有名な明月院ですが、紅葉も素晴らしいようですね。また、冬は蝋梅、春は梅と桜が続くそうです。鎌倉幕府五代執権・北条時頼がこちらで出家生活を送りましたが、四季を感じながらの生活は羨ましいです。文明の進化のために人間性が低下した現代の日本人が、人間性を回復することができるかもしれません。

meigetuidan124.JPGmeigetuin.jpg

meigetuinae.JPG

2016.07.11

コメント(0) | トラックバック(0)

3人目の新卒採用内々定者 と 涙の中途採用

 現場監督の新卒採用内々定者が決まりました。差別しているわけではないですが、若手現場監督は今回で4人連続女性を採用させてもらっています。アウトプット力は現在ありませんが、負けず嫌いな性格は彼女を成長させてくれるはず。内々定直後にちょうど新卒の会社説明会があったので、同期の学生を前にNENGOの会社説明もしてもらいました。内容はいま一つでしたが、笑顔で乗り切る度胸は素晴らしいかと。期待したいと思います。それと、ポーターズペイントでは中途採用者が決まりました。写真は算数の問題を解いているシーンです。算数から逃げてきた人生だったようで、自分に情けなくなったのか、涙を流すほど悔しがっていました。ただ、算数でマイナスされても、お釣りがくるほどの素晴らしい笑顔を持っているので、周りの人をきっと幸せにしてくれることでしょう。仲間が増えてきて嬉しいです。でも、ちょっとプレッシャーでもあります。スケール小さいですね。

遠藤1.JPG

遠藤2.JPG涙の算数.JPG

2016.07.08

コメント(0) | トラックバック(0)

「 Think  house &human 」

 大手ハウスメーカーや大手デベロッパーが供給し、一般的に広まっている住宅を現代の日本人は普通だと認識しています。残念ですが、それらの多くの住宅では、本質的に心と体が休まることはありません。高度成長期が終わり、そろそろ人間らしい住まい方を取り戻し、真の豊かな生活を送る時期にきています。NENGOは、日本を元気にするためにも、日本の住まいの概念を変えようと活動しています。楽しみにしていてください。そして、嬉しいことに優秀な学生がまた一人NENGOにjoinしてくれることになりました。学生としてはアウトプット力はあるのですが、社会人としてはないに等しいレベルなので今後の成長を期待します。写真は七夕な社内と最終面接の様子です。

最終面接.jpgtanabara.JPG

2016.07.08

コメント(0) | トラックバック(0)

トイレが汚い会社の業績が悪い理由

 ビジネスは複数人の連係プレーです。その連係のスムーズさが業績に直結します。例えば、男子トイレの小便器に陰毛を落とす人がいたとします。自身でも気がつかない、もしくは、気がついたにもかかわらず放置したとします。次の利用者も、その陰毛を見て見ぬふりをする会社はどんなビジネスをしていると思いますか。問題を起こした当人は問題に気が付かない、もしくは、放置し、他のメンバーも臭いモノに蓋をしている会社です。そんな視点で本日訪問する企業を見てみてはいかがでしょうか。トイレだけでなく会社の周りも。清々しい朝から汚い話で申し訳ありませんした。

2016.07.07

コメント(0) | トラックバック(0)

アートと建築

 先日、東京都美術館で、ポンピドゥーセンター傑作展を見てきました。歴史とアートの関係が理解しやすい展示となっています。おススメです。東京都美術館は前川國男氏が設計しました。上野駅の目の前の東京文化会館もそうですよね。また、上野公園内には、師匠のコルビジェの設計した国立西洋美術館もあり、ユネスコの世界遺産に登録される予定です。美術館を設計したがる建築家が多いのも理解できます。上野を離れ、その後表参道のbamboo(イタリアンレストラン)で打合せがありお邪魔してきましたが、偶然にもコルビジェの弟子である坂倉準三氏が設計した建物ということが判明しました。モダニズムを堪能する1日となりました。

びじゅつかね.JPG

2016.07.05

コメント(0) | トラックバック(0)

Paul Stuart と MISSONI

 日本は日本であることが価値であり、今後グローバル化が進むほど、その傾向はさらに強くなります。現在、新しくつくられる日本の街や住宅は、日本でしょうか。ある意味日本かもしれません。ただこれを真の日本としては考えたくはありません。その瞬間の利益を第一優先に考え、街つくりをした結果がこれです。都心ほど日本らしくない街つくりが横行しています。建築や街つくりを理解する政治家が出てこないと日本は変わらないかもしれません。日本には、その土地の自然と仲良く暮らす文化があり、四季と共に長年生きてきました。そして、簡素さと奥深さを尊ぶ日本人は、わびさびを愛する心を持っています。それらをちょっとずつでも、取り戻していきたいものです。

 写真は、表参道にあるPaul Stuartのビルです。隣にもともと立派な石垣があったので敬意を払い、街並みをつくるために石垣をつくりました。にもかかわらず、もともと石垣のあったビルは建て替えられて、石垣も消え去り、現在は、MISSONIが入居しているビルとなりました。街つくりって難しいですね。

tonarimissoni (1).JPG

2016.07.04

コメント(0) | トラックバック(0)

座禅&断食

 昨日からスタッフ4人が座禅&断食修行に行っています。念のため言っておきますが、これは決して強制ではないですよ。本人達が望んでのことです。私は経験しているのでわかりますが、間違いなく良い経験になるはずです。来週の月曜日に、自信に満ち溢れた顔をしている彼らに会えると信じています。

座禅と断食.JPG

2016.07.02

コメント(0) | トラックバック(0)

成長

 娘がいつの間にか5歳になり、色々なことができるようになりました。日々世話をしてくれている妻には本当に感謝です。そして、NENGOスタッフ3人が7月より昇格しました。子供の成長よりも、大人が成長する方が難しいので、私はスタッフの昇格の方がはるかに嬉しいです。導いてくれた皆さんに感謝します。

 最近、リーダー陣に度々伝えていることがあります。「考えて答えが出ないなら他人を頼りましょう。人を頼るのも、その人の能力です」と。結果が出ていないと感じたら、まずは問題を明確に把握すべきだと思います。そして、問題を把握できるなら、解決方法も必ずあります。問題の把握や解決方法探しができないと感じたら、即他人から学ぶべきかと。学べる人が成長する人です。そして、優秀な人ほど、人の話を聴きます。あのテニスの錦織さんを見ればわかりますよね。

 論語を2つ紹介しておきます。
「多くを聞きてその善きものを択びてこれに従う」
「我は生まれながらにしてこれを知る者に非ず。いにしえを好み、敏にして以てこれを求めたる者なり」

誕生日124.jpg

2016.07.02

コメント(0) | トラックバック(0)