株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

WASEDA稲門経済人の集い

 「WASEDA稲門経済人の集い」にお邪魔してきました。企業経営者が学び、交流する年一回の集まりです。毎年感じていますが、誰を幸せにしようとして開催しているのかもよくわかりません。もっとやれることあるのに・・。余計なお世話と言われてしまうかもしれませんが、早稲田大学が心配です。

16299007_1325828394157858_4034337958218123574_n.jpg

16298477_1325828390824525_387324043405797568_n.jpg

2017.01.31

コメント(0) | トラックバック(0)

日本秘湯を守る会「八丁の湯」

 岩城一二三さん(㈱朝日旅行の前身である㈱朝日旅行会の創業者)が秘湯を守る会をつくるきっかけになった奥鬼怒八丁の湯に行ってききました。岩城さんが、旅行会社に長く勤め、ホテルもきらきらした旅館ももうたくさんだと感じていた頃に出会った温泉宿です。素晴らしかったです。そして、色々と考えるきっかけをいただきました。人間らしく生きるってどういうことか、などなど。岩城さんの言葉を紹介します。「近代社会で失いかけていたものは・・という問いを投げかけてみたい。これからの日本に大切なことは何か。それは、人間がともに考えながら、助け合いながら、築き上げ、守り抜く、ぬくもりのある人生の旅ではありますまいか」

秘湯を守る会.jpg八丁の湯.JPG

2017.01.31

コメント(0) | トラックバック(0)

星野リゾート「界熱海」に学ぶ

 以前、蓬莱という旅館が熱海にありました。女将をはじめ、心温まるサービスを提供してくれるスタッフが揃い、素材を活かしたお料理も、凝り過ぎることのなく、蓬莱っぽい大変美味しい料理をいただけました。お風呂は、隈研吾さんの設計です。批判も多かったですが、私は大好きでした。その蓬莱がある日、星野リゾートに経営が変わり、界熱海となりました。一度お邪魔しましたが、蓬莱っぽさが無くなり、完全に星野リゾートでした。ま、当たり前ですが。熱海らしさを表現しようとは頑張っているのですが、地に足ついておらず、浮ついた子供だましなサービスのオンパレード。バリに行って、観光用のダンスを観るような感覚です。星野リゾートも嫌いではないですが、その土地の読み込みをもっと深く行い、その土地らしさを打ち出さないと、単なるナショナルチェーン店になってしまいますからね。現在NENGOでは、藤田観光さんの新規事業のお手伝いをさせていただいていますが、人の振り見て我が振り直したいと思います。

蓬莱2.jpg

2017.01.30

コメント(0) | トラックバック(0)

ゴミを減らそう!

 朝マンションのゴミ置き場を見ると、あまりにものゴミの山に胸が痛みます。企業のダイレクトメールやチラシなど、無駄なものが本当に多いと感じます。NENGOでもそのような環境破壊につながることを極力無くしていこうと考えています。地球は人間のものではなく、住まわせていただいていると認識しましょう。私は、「地球環境と経済」について卒論を書きました。そして、産廃処理会社を立ち上げたこともあるくらいなので、地球環境保全のための活動にも、力を入れていきたいです。ちなみにですが、ポーターズペイントを普及させる活動も、ビニールクロスの貼り替えによる産廃排出を減らすことに繋がっています。ビニールクロスは、一年間で、東京23区の面積分が剥がされてゴミになっているのです。(写真は、2年前娘にチラシ配りを手伝って貰っていた頃の様子です)

gomi23.jpg

2017.01.27

コメント(0) | トラックバック(0)

溝の口神社に、稀勢の里がいました。

 大山街道アクションフォーラムで、「スマホで撮る大山街道写真撮影ツアー」を開催しました。写真のたなかやさんが先生となり、写真の撮り方を教えていただきながら、歴史ある大山街道沿いを練り歩き、神社・畳屋さん・お茶屋さんで撮影会をしました。色々と話を伺うこともでき、今後の大山街道を考えるヒントにもなりました。写真の題名は、『溝の口神社の稀勢の里』と『今月で解体される稲毛屋金物店』です。

稀勢の里.jpg稲毛屋金物店.JPG

2017.01.23

コメント(0) | トラックバック(0)

自然素材を利用し、地球環境と家庭環境を守る

 住宅建材はなるべく自然素材を使っていただこうとしているNENGOのスタッフは、不自然素材でつくられているカップラーメンなどいただくべきではないと考えています。体内に直接不自然素材を取り入れてしまう訳ですから。ある日のこと和泉に対して「カップラーメン好きだね~」と嫌味っぽく伝えると「一応言わせていただくと、これはうどんです」と返ってきました。「そこ~!?」

 話は変わりますが、インテリアデザイナーのコマタトモコさんのご推薦で、電子雑誌"自分らしさ"をデザインする暮らしスタイルマガジン「マドリーム」に、PORTER'S PAINTSをご紹介いただきました。有難いですね。NENGOのオフィスの雰囲気もわかりますので、是非ご覧ください。

本誌(掲載ページ):http://madream.jp/book/vol11/#!14
動画:https://www.youtube.com/embed/lkwLBWTYgVw

2017.01.23

コメント(0) | トラックバック(0)

神奈川県宅地建物取引業協会 小田原支部の賀詞交換会に招待いただきました。

 瀬戸建設の瀬戸さんにお誘いいただき、宅建協会小田原支部の賀詞交換会で講演をさせていただく機会を得ました。貴重な体験をさせていただきましたし、小田原の素晴らしい方々をご紹介いただき、感謝の念にたえません。さらには、既知の仲である甲府のVivit Base武原社長の講演も聴くことが出来、「刺激」というお土産をたくさんいただきました。

 それと、私の講演について。小田原は、すでに空き家が相当増えてしまい社会問題になっています。そして、このままでは多くの不動産屋は営業を続けられない時代が来るということで、テーマは、『街と企業の差別化を一緒に考えよう。オンリー 1かNo.1でないと存在価値はない』とさせていただきました。つまり、NENGOが普段から考え、行っていることを披露させていただき、皆さんと一緒に策を考えましょうという内容です。ジャストアイデアですが、小田原の街のあるべき姿もお伝えしました。小田原市長をはじめ、思ったよりも賛同いただける方が多く、世の中の変化を感じることができました。今後、小田原の街つくりにも関わっていけたら嬉しいです。

 それにしても、瀬戸さんも武原さんも良い意味で普通ではないですね。それぞれが間違いなくオンリー1な女性です。共通点としては、好き好んで困難に立ち向かう点でしょうか。何故こんな人が出来上がるのか、その秘密が知りたいものです。誰か研究してくれたら良いのに。

odawara3nin.jpgodawara1.JPG

2017.01.20

コメント(0) | トラックバック(0)

ダイエットが出来ない人は、ビジネスで一流になることはない。

 NENGOでは、時短のために的場塾をスタートしました。希望者に対して、ライザップのように個別にトレーニングをします。ライザップは脂肪を無くしますが、的場塾では、無駄を無くします。そして、余った時間をよりお客さまに幸せになっていただくための時間に使えるようにします。ただ、時短はダイエットよりも難しいです。なぜなら、ダイエットは自身の考えと行動を変えれば良いだけですが、ビジネスにおいて無駄を削減するには、相手まで変えなくてはなりません。つまり、本気になってもダイエットが出来ない人は、時短も出来ないはず。勿論、特殊事情がある方は別ですが。(写真はライザップのチョコチップケーキ)

ライザップ12.jpg

2017.01.16

コメント(0) | トラックバック(0)

学ばせてくれと入社面談で言ってくる学生

 新卒採用の面談をしていると、NENGOに入社し、学びたいという学生が相変わらずいます。これを言われた瞬間にお断りする気持ちがほぼ固まります。なぜなら、基本的に学生はお金を払いインプットするだけの存在ですが、社会人はお金を頂きアウトプットしなくてはならないからです。先日、コーポラティブハウス担当の佐々木と不動産会社に勤める若手T君と食事をした際も同じ話をしました。優秀な若手でも頭では理解できていても、行動が伴っていない人がいるようです。アウトプットをしない、存在価値がないビジネスマンにならないよう、奮起を期待しています。(写真は、ご祈祷いただいた溝の口神社でのNENGO集合写真)

全体写真1.jpg

2017.01.10

コメント(0) | トラックバック(0)

チャンスはピンチ

 現在、不動産・建設業界はバブルです。現在、首都圏で利益を出せていない不動産・建設会社は大問題です。勿論、多少の利益を出しているくらいの会社も近い将来厳しい環境に追いやられます。今から気を引き締め、他社と差別化し、よりお客様に幸せになっていただけるよう本気で事業に取り組まないとなりません。チャンスはピンチです。それにもかかわらず、NENGO社内が平和ボケをしていたので、昨日は一日中怒鳴り散らしていました。お客さまに喜んでいただけるサービスを提供できるスタッフが少なすぎるようです。冬休み中も考えていましたが、2017年はスタッフのためにも、厳しい代表でいようと思います。

2017.01.06

コメント(0) | トラックバック(0)

新年おめでとうございます。

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 冬休みは、除染された土壌が街中に仮置きされている栃木に行ってきました。部屋にトイレもなく、自家用車では入っていけないような秘湯の宿と、かたや高級リゾートに宿泊してきました。それと、宮脇檀設計の住宅を見るチャンスにも恵まれました。 原発のことだけでなく色々と考えさせられる旅となりました。そのうち二点お伝えさせていただきます。

 まず、 資本主義について。
日本が拝金主義的資本主義経済をこのまま推し進めていては、国民が幸せになれないことに確信が持てました。自然破壊や戦争を推進する国にはなりたくない。離婚率・肥満率・受刑率・貧困率の高いアメリカのような国にも、日本をしたくはないですよね。勿論、アメリカ的でない資本主義を目指せば良いのです。ただ、実は日本はアメリカよりも行き過ぎた資本主義を貫いている面もあります。例えば、不動産建設業界。誤解を恐れずに言うと国民が幸せにならないことをしても許されてきた業界です。自身の利益優先、GDP優先。今後は、モノ売りより、コト売りをすべきだなんて生易しい言葉では足りません。本気な心ある規制がすぐにも必要です。NENGOは、そのためにもNENGO研究所を起ち上げました。日本だけのためではなく、全世界全人類の幸せのためになれればと考えています。

 次に、人事評価制度ついて。
NENGOは人事評価制度(給与規定)を変更し、現在のバブル景気後の時代に備えます。そして、まさしくGDP優先だけではないNENGOらしい仕組みをつくりあげたいと考えています。業界や街を変えるのは簡単ではないですが、自身が変わるのは難しいことではありません。世のため人のために自身を変えたいという人を高く評価します。

mayumi23.jpg

2017.01.05

コメント(0) | トラックバック(0)