株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

「仕事の生産性はドイツ人に学べ」 隅田貫著

 NENGOでは、毎日ワークプランを書いています。1,2時間の業務毎に、その時間内に達成する目標を決め、そのための行動を前日に明確にするというものです。ワークプランをしっかり考えることで、段取りが出来、当日は行動するだけとなります。そして、急な依頼(上司からでも)も断ることに繋がるので、生産性が確実に上がります。ワークプランはやることを決めるだけでなく、やらないことを決めるツールになっています。

 元横浜市議会議員の伊藤ひろたかさんにご紹介いただいた隅田さんの本でも同じようなことが書かれていて安心しました。他にも参考になることがたくさん書かれています。要約して紹介させていただきます。「一度決めたルールも必要がないなら即止める」「悪いニュースほど早く報告する」「決められない会議はしない」「忙しいと発する人は、自分の時間をコントロールできていない」「時間をコントロールすることは人生をコントロールすること」「部下に戦略を伝えたり、指示を出すときは根拠も一緒に提示する」「アサイメントされたこと以外しない」興味がある人は是非購入し、読んでみてくださいね。今後の日本社会で企業が生き残っていくために重要なことが書かれています。ただ、マネジメント経験がない人が読むと勘違いしないかちょっと心配でもあります。

生産性.jpg

2017.10.27

コメント(0) | トラックバック(0)