株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

早稲田大学1992年次(平成4年)稲門会が開催されました。

 卒業して25年が経過し、同期会が開催されました。3300人以上のメンバーが集まり、盛大な会となりました。アメフト部以外の体育会メンバーにも久しぶりに会うことができました。サッカー部出身の大倉は、湘南ベルマーレの社長を退任し、いわきFCの社長に就任して頑張っています。彼は川崎出身で、しかも、川崎の福田市長と同じ中学校出身ということもあり、今度対談してもらうことになっています。スポーツで街を盛り上げる手法を、川崎にも伝授してもらおうかと。同期で頑張っている人がいると刺激になりますね。幹事の皆様、ご苦労さまでした。

ookura.jpg300人.jpg

2017.12.14

コメント(0) | トラックバック(0)

建設・不動産業界批判 その1

 高層マンションでは、流産率が高くなる可能性があると言われています。そのような検証結果も出ていて、完全否定はされていないはず。それにもかかわらず、多くのデベロッパーは、若い夫婦にも平気で販売しています。ある意味殺人行為ではないかと。「流産率が高くなる可能性があるかもしれません」くらいは伝えても良いのではないでしょうか。大人でも高速エレベーターに乗ったら耳がキーンとなって辛いのに、お腹の子供に影響がないとは考えにくいですよね。高層マンションを販売するデベロッパーには、この点を明らかにしていただきたいものです。

2017.12.13

コメント(0) | トラックバック(0)

伊藤と遠藤が二級建築士試験に合格しました!

 いやあ素晴らしいですね。新卒入社1年目と2年目のスタッフが、仕事をしながら、あの難しい試験をパスするとは。人により意見は違うかもしれませんが、宅建よりも難しいはず。本当に良くやりました。ご馳走してあげないとですね。

遠藤と伊藤.jpg

2017.12.12

コメント(0) | トラックバック(0)

建設・不動産業界への批判 

  建設・不動産業界は、人の生活の基盤をつくる業界です。それにも関わらず自身の利益を優先にしている人がどれだけ多いことか。お客様に伝える言葉と家族や友達への言葉が違っていたりします。そんな人たちが、住まいや街つくりをしています。今後、世の中であまり知られていない事情などをちょっとずつお話していきたいと考えています。

2017.12.12

コメント(0) | トラックバック(0)

内定者が一人増えました。

 内定者が一人増えました。明海大学の又村さんです。素直さと根性は相当なものをもっています。しかも、NENGOに必要な要素の1つである「土地の読み込み」に長けています。なぜならヨット部で自然(特に風)を読み込む力をすでに身につけているのです。自然と仲良く暮らすことをすぐに実践できることでしょう。彼女の成長が楽しみで仕方ありません。

又村.jpg

2017.12.11

コメント(0) | トラックバック(0)

旬を意識する

 「トマトは夏の野菜じゃないの?」と娘に言われてドキッとしました。確かに。旬でない食べ物をいただくということは、どこか無理があるというか、不自然なことをしているはず。ま、野菜はそもそも人工的に作られているので、不自然と言えば不自然な食べ物ですが、ちょっと考えさせられる出来事でした。

2017.12.06

コメント(0) | トラックバック(0)

宿泊施設やシェアオフィス・シェアハウスの運営事業を本格的にスタートします。

 NENGOは物件をつくり、街を盛り上げようと活動をしてきましたが、今後は施設の運営までも自社(子会社)で行うことにしました。しかも、NENGOが携わっていない宿泊施設やシェアハウス・シェアオフィスの運営も行います。飲食事業にも対応できます。運営にお困りな方がいらっしゃいましたら、お声掛けくださいね。

2017.12.05

コメント(0) | トラックバック(0)

銭湯の廃業

 地元の高津湯が廃業し、二子新地のウエルネスも銭湯の営業をストップしました。ほとんどのお宅にお風呂が存在するようになり、時代の流れに逆らえないのでしょう。ただ、ちょっと寂しいですよね。それに、子供が大人に怒られ、社会性を身につける場所が無くなっていくことに危機感を覚えます。銭湯の代わりになるような場のアイデアが生まれてくると良いですね。

2017.12.04

コメント(0) | トラックバック(0)