株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

西野亮廣著 「革命のファンファーレ」(現代のお金と広告)

 スタッフの牧野が読めと持ってきてくれた本です。西野さんがSNS上で発してる言葉は、時々目にしていましたが、人気がある理由もわかります。気になった文章をいくつか紹介させていただきます。

・他人と競った時点で負け。自分だけの競技を創れ。
・「お金」とは信用を数値化したものだ。
・インターネットによる物理的制約の破壊は、ありとあらゆるものを無料化した。
・人が行動する時の動機は常に「確認作業」
・信用時代の宣伝は、口コミが最強。口コミをデザインしろ。
・努力量が足りていない努力は努力ではない。誤った努力もまた努力ではない。
・次の時代を獲るのは「信用持ち」だ。
・「アイデアの待ち合せ場所」になった者が勝つ
・行動しない人間はアホである

革命のファンファーレ.jpg

2018.01.30

コメント(0) | トラックバック(0)

DJ MAX 川崎日進町に現る

 MAXにunicoビル日進月歩を見ていただきました。中目黒卓球ラウンジ川崎分室で食事しながら、次のような言葉をもらいました。「古いモノは価値がある、人間も一緒」「色々な文化が混ざって、新しいモノが生まれるだろう」さすが一流DJの言葉には重みがあります。そして、日進月歩の宿泊料金を、1泊8000円と設定の倍額予想をしてもらいました。今後がさらに楽しみになった日進町ツアーでした。

maxsono3.jpg

2018.01.24

コメント(0) | トラックバック(0)

建設・不動産業界批判 その6(コンペ)

 公共施設を建築するとなると、お役所はコンペを開催します。しかも、提案者に何も報酬がない場合が殆どです。これでは、建築家は、その土地やオーナー事情をろくに読み込ますに考えた設計を提案することになります。そして、そのどれか一つに決まり、建物が実際に完成してしまいます。何百社に相見積させるのと同じです。コンペは企画者の能力が高くない限り、街を不幸に導きます。ご注意を。

2018.01.22

コメント(0) | トラックバック(0)

日進月歩@川崎の宿泊予約

 NENGO和泉がプロデュースした川崎の日進月歩。宿泊予約はこちらからお願いします。

2018.01.19

コメント(0) | トラックバック(0)

青森市に20億円の寄付!

 家計が厳しいところに3000万円の宝くじが当たり、即フェラーリを購入するような行動をしている青森市。短命市がより短命になるのではと心配です。

2018.01.19

コメント(0) | トラックバック(0)

「年金受給70歳から」

 国頼みでは生きていけない時代に本格的に突入します。そして、超格差社会の到来です。NENGOでも定年を70歳にしないとですね。

2018.01.18

コメント(0) | トラックバック(0)

建設・不動産業界批判 その5(企画と営業)

 住宅などを企画し、販売や賃貸しする際、業務は「企画」と「営業」に分かれます。資金を投下するなら、「営業」よりも「企画」に使う方が、お住まいになる人や街のためになります。営業にお金をかけても何も残りませんからね。にもかかわらず、多くの不動産業者は、「企画」はそこそこで、「営業」に力を入れます。例えば、マンションの分譲販売。「企画」には手間暇かけず、「営業」面でモデルルームやチラシ、そして、営業マンの人件費に多額の資金を投下します。CMを打っている企業は、その最たるものです。お住まいになる人や街のために、営業に頼る不動産業の時代はそろそろ終わって欲しいものです。

2018.01.17

コメント(0) | トラックバック(0)

「厳しさという愛情、優しさという無関心」

 あるリーダーに次のような言葉を伝えました。「愛情という厳しさを持とう。優しさという無関心は目の前の人を不幸にするよ」と。NENGOでは、自分の周りに起きていることを自分ごとにしようという考えがあります。ただ、人は基本的に面倒なことに首を突っ込みたがらない生き物です。手抜きをしている隣の事業部のスタッフを厳しく指導するのも避けたりします。落ちているゴミを拾わずにまたぐ行為です。これでは、手抜きをしたスタッフも、見て見ぬふりをしたスタッフも成長はしませんからね。

2018.01.16

コメント(0) | トラックバック(0)

建設不動産業界批判 その4(正直不動産)

 「的場さん、業界に対して言いたいこと言って批判しているから、圧力かけられるでしょ?」と不動産業界の集まりで、Uさんから心配されてしまいました。おっしゃる通りです。ただ、一般的な不動産屋からは嫌われますが、一般の方々には喜んでいただけます。だからやめられないですし、やめてはいけません。しかも最近では、「正直不動産」という志を同じにする漫画も流行ってきていて、心強い味方を得ました。と言いますか、この漫画に任せておけば、不動産業界は良い方向に行くはず。私はお役ご免となりそうです。

正直不動産.jpg

2018.01.15

コメント(0) | トラックバック(0)

ゲストハウス「日進月歩」オープン!


 昨日、ゲストハウス「日進月歩」が川崎日進町にひっそりとオープンしました。お恥ずかしい話ではありますが、WEBなども完成しておりません。そのうちお披露目会をしますので、少々お待ちくださいませ。

sizuka1.jpg

ent1.jpg

minami1.jpg

oki1.jpgmei2.jpgmaguro1.jpgcommon1.jpglight.jpg

2018.01.12

コメント(0) | トラックバック(0)

なりたい自分になれる

 人は本気でやろうと思ったことは必ず出来ます。本気で思い続けていれば。つまり、なりたい自分にもなれるということ。皆さん、なりたい自分が明確ですか。

2018.01.10

コメント(0) | トラックバック(0)

雲見園(西伊豆・松崎町)

 西伊豆松崎町の雲見園にお邪魔してきました。素晴らしい旅館でした。まず、温泉。地球からパワーをいただきました。やはり源泉掛け流しと聞くだけで嬉しくなります。そして、料理。素材の力に圧倒されました。美味しいだけでなく、こちらも自然からパワーをいただきました。そして、人。前向きな女将さんをはじめ、家族経営の良さが伝わってくる宿でした。ただ残念だったのは、街のことです。雲見地区はドラマ「とんび」の撮影をしたスペシャルな場所にもかかわらず、閑散としていました。多くの旅館や民宿のうち三件しか跡取りがいないようです。しかも、雲見だけでなく、松崎町全体が元気無くなってきてますね。セキデザインスタジオの関さんが確か松崎町のご出身のはず。建物の建築やデザインはすべて関さんのチェックが入る仕組みにしたら良いかもしれませんね。それと最後にもう一つ伝えたいことがあります。実は西伊豆の自然環境が厳しくなってきていると女将さんから聞きました。特に台風の威力が年々増していると。温暖化のためでしょうか。(実は長い目で見ると寒冷化しているとの話もあります)日本は自然の恵みで、豊かな生活を送れています。自然と仲良く暮らすことをそろそろ真剣に考えなくてはならない時期に日本も来ていることは間違いないようです。

ろてんぶろ.jpgふろ2.JPGまちなみ.JPGたなだ.JPGまつざきちょう.JPG

2018.01.09

コメント(0) | トラックバック(0)

日本料理 古今本店(溝の口) と 古今はなれ(高津)

 今年は古今のおせちをいただきました。地元にこれだけ美味しい料理屋さんがあることに感謝するお正月となりました。

おせち (2).jpgおせち (1).jpg

2018.01.05

コメント(0) | トラックバック(0)

新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 NENGOは、世のため人のために、地域らしさを生み出し、「住みたい」「働きたい」「遊びたい」街をつくっていきます。そのためにも、当たり前のレベルを高める年にしたいと考えています。情けない話ではありますが、「やると決めたことはやる」「約束は守る」ことも徹底します。本年もどうぞよろしくお願いいたします。また、本日より元藤田観光の吉崎も子会社の執行役員としてジョインしてもらいました。簡易宿所、シェアハウス、シャエアオフィス、ホテルなどの運営事業を担当してもらいます。ご期待くださいませ。写真は、恒例の溝の口神社の参拝後と年末の運動会&忘年会の様子です。

全体写真1.4.jpg忘年会1.jpg忘年会3 (1).jpg忘年会3 (2).jpg忘年会4.jpg忘年会6 (1).jpg忘年会6 (2).jpg忘年会8 (1).jpg忘年会8 (2).jpg 

2018.01.04

コメント(0) | トラックバック(0)