株式会社NENGO 代表取締役 的場 敏行のブログ

的場メモ

満員電車に乗って考えたこと

 最近時々満員電車に乗ります。子供や老人は無理ですね。そして妊婦さんも。妊娠したビジネスウーマンは、通勤時間を変えても良い制度にすべきかと。ただ、そもそもこんな満員電車に毎日1時間も乗っていたら仕事にも行きたくなくなるでしょうし、生産性も低くなるはず。(筋力トレーニングの場にしている人は別です)通勤時間を変更するか、従業員が住まいを変えるのか、それともテレワークを含め会社の所在地を変更をするのか。採用時にも、下り路線で通う人を優先して採用するなども考えた方が良いかもしれません。楽天の二子玉川への移転は、当初社員からのクレームも多かったようですが、結果的には大きなプラスに働いたのではと推測しています。

2018.02.22

コメント(0) | トラックバック(0)

2019年卒内々定者第一号決定!

 今後さらに大企業は仕組みを作る一部の人と大多数の歯車で運営されていくことになります。AIやロボットを駆使して。大手都市銀行の動きを見ていたら理解できます。大企業は中小企業のビジネスを侵食し、業界の寡占化を加速させます。回転寿司屋さんのレベルアップにより、個人の寿司店が存続できなくなっていることも一例です。一般的な不動産仲介業も10年後には人間は担当していないでしょう。中小企業は、アイデアとスピードで勝負、全員が仕組みをつくる側で、個人的に武器を持たなくてはなりません。そんな考えから、NENGOでは、数年前から個人ブランディングの大切さを訴え、若手には入社5年後には事業部(海外も含む)のトップになるか、独立することを約束させています。事業部によってではありますが、成長スピードは相当速くなっています。昨日、2019年卒内定者第一号が決定しました。彼と競い合って成長したい人は、FBページから会社説明会にエントリーくださいね。

naitei.jpg

2018.02.20

コメント(0) | トラックバック(0)

合コンを推奨する会社説明会

 新卒向け会社説明会で「目標達成能力が高まるから、合コンをした方が良いよ」と学生に言うといつも白い目で見られます。「異性は面倒、バーチャルで十分」とまで言われ、「自身に投資して、高級レストランやホテルなど体験しよう!」と話すと、「回転寿司も美味しいですよ」と返ってきます。また、「歯車になるな、仕組みを作ろう!」と訴えると、「自由な時間が一番大事」と返ってきたりします。仕組みを作って、自由な時間を作れば良いだけなのに。時代には逆らえないのでしょうか。いや、中小企業だからこそ、採用においてもニッチをとことん突き進み、差別化していく所存です。

2018.02.16

コメント(0) | トラックバック(0)

 建設不動産業界批判 (その7 住宅展示場)

 総合住宅展示場ハウジングステージ玉川・溝口が今月で閉鎖されるということで訪問してきました。地域的な問題での撤退か、もしくは、新築の需要減でハウスメーカー間で勝ち負けがはっきりし、負け組が一斉に撤退しているのでしょうか。あるハウスメーカーで話をしていたら、自社ブランドだけを売り込まれたので、「プロなら他社の特徴も押さえておいて、他メーカーの住宅も説明してくれれば良いのに」と余計なアドバイスまでしてしまいました。住宅展示場内の営業スタッフは、お互いに他社の紹介もするルールにしたら良いのに。また、JTB旅行券、クオカードや国産牛のプレゼントでお客様を集めていたのですが、本当にそれで良いのでしょうか。皆さんは、今後の住宅展示場はどのようにあるべきだと思いますか。

2018.02.14

コメント(0) | トラックバック(0)

北風と太陽

 リーダーは、「北風と太陽」を駆使して、組織を成長に導きます。「アメとむち」という言い方もありますね。当たり前ですが、強い組織は、北風も太陽もレベルが高いです。メンバーに厳しいことを要求し、その見返りも大きくします。自身が組織のトップだったら、どのようにするか考えてみましょう。(写真は、弊社が誘致をお手伝いさせてもらったアンダーアーマーベースボールハウス川崎久地です。本文とは関係ありません)

kazutoshiアンダーアーマー.jpgIMG-5912.JPGIMG-5895.JPGIMG-5897.JPGIMG-5901.JPG

2018.02.13

コメント(0) | トラックバック(0)

「料理 と ミーティング」

 朝食を準備していて気がついたことがあります。料理は、プロジェクトマネジメントそのものだと。特に、朝の限られた時間に絶対にゴールにたどり着かなくてはいけない環境下でのプロジェクトからは学ぶことが多いです。当然、段取りが一番大切で、食材も前日に揃っていることが大前提です。前日から食器や調理道具の準備までしておきます。そして、当日は段取りの通りに実行するだけですが、上手く進まない場合でも、瞬時にPDCAを回し、調理方法やメニューを変えたりもします。片付けも平行して進めようとするので、汗だくになって料理しています。そして、こんなに頑張っていても顧客の評判はいつもイマイチ。評価されないとやる気もなくなりますよね。このことは会社で日々行っているミーティング(NENGOでは、フリートークではなく、誰がいつ何をするかを決める場としています)にも勿論当てはまります。皆さんのミーティングは、「準備ができていますか」「時間を守っていますか」「設定した目標以上のゴールにたどり着けていますか」そして、「参加者が満足していますか」。

2018.02.06

コメント(0) | トラックバック(0)

節分

 節分には、全員に歳の数だけ豆が配られます。私は年々食べるのが辛くなってきました。

節分です.jpg

2018.02.05

コメント(0) | トラックバック(0)

「成長の秘密」

 東急電鉄さんの本社近くにある自然派ワインとフランス郷土料理ChouchouにNENGOスタッフ4人で行ってきました。こちらは伊藤省太朗の同級生がオーナーで、とんでもなく素晴らしいお店です。是非行ってみてください。驚きますよ。伊藤も同期の頑張りに刺激を受け、自身を高め、また友人に返すということを繰り返しているようでした。そんな友人関係良いですよね。学びが多く、誘ってくれて本当に感謝な夜でした。それにしても飲み過ぎました。

2018.02.05

コメント(0) | トラックバック(0)

「卵って3週間くらいは平気で食べられるって知ってましたか?」

 第26回大山街道アクションフォーラム「たまごde大山街道」を開催しました。高津区宇奈根の河崎養鶏園さんの卵を使用し、高津区の3店舗Qualeさん、新富さん、銀の蔵さんにオリジナル料理を作っていただきました。どれも本当に美味しかったです。そして、私は河崎さんとクロストークをさせて頂きましたが、色々と学ぶこともできて、楽しかったです。相当卵にはうるさい人になりました。それと、卵を使ったオリジナルなプリンを開発し、地元の名物にしようという話にもなりました。食からも街を元気にしたいです。ご期待ください。

トップオオやmあ社員.jpgIMG-5840.JPGIMG-5842.JPG

2018.02.05

コメント(0) | トラックバック(0)

自身の考えを発すること

 自分の周りで起きていることに対して、自身の考えを発することは、歯車から脱出し、新しい自分に出会うための第一歩です。自分の周りに起きていることに対して、何も考えなかったり、考えたとしても言葉を発せず、行動しない人のことを想像すれば理解できるはず。ただ、言葉を発していると自分では思っていても、単なる愚痴でしかない場合がありますので、ご注意ください。

2018.02.02

コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマー支店長候補募集!

 地球環境を守り、世界平和のためにも、国境などの壁を無くし、グローバル化を進めないといけないと考えています。そんな状況の中、アメリカが真逆に進んでいることもあり、日本のかじ取りは難しい状況です。例えば、人口問題。ビジネスパーソンだけを考えても、足りないと言っている企業もあれば、銀行や百貨店のように大リストラをしている業界もあり、海外から人材流入させるべきかどうかも悩ましいはず。企業は、国に責任をなすりつけることなく、自分の身は自分で守るしかないのでしょう。NENGOは、グローバル化の一環で、ミャンマーからペイントの施工スタッフに来てもらいました。3年後にミャンマーに戻る際、ミャンマー支店をオープンしようと考えています。ペイントだけでなく、断熱もアジア展開をします。将来の支店長を募集しているので、興味ある方はご連絡をお待ちしています。それと、明日2月3日に、リノベーション業界の人気企業が一堂に集結した「リノベーション新卒向け業界研究セミナー」を開催致します。こちらにも是非足をお運びくださいませ。

グローバル化.jpg

2018.02.02

コメント(0) | トラックバック(0)

「忘れられた巨人」カズオ・イシグロ著

 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの「忘れられた巨人」を読みました。私は小説を読むと、色々と想像し過ぎてしまうので、なかなか読み進めることができません。しかも、カズオイシグロさんは、考えさせる天才です。そして、彼は人種や宗教の壁を無くそうとしている作家なのでしょうか。地球環境を守るためにも、戦争を無くすためにも、グローバル化し、世界を一つにしなくてはなりません。そんな活動をしていきたいと思わせる本でした。

忘れられた巨人.jpg

2018.02.01

コメント(0) | トラックバック(0)