SENIOR INTERVIEWS

先輩社員インタビュー

皆で喜び合えた瞬間に
一番のやりがいを感じます。

2014年新卒入社
七條 香純

Q/1

今のお仕事内容を教えてください。

リノベーションの現場監督です。工事中だけでなく、プランニング打ち合わせからお引渡し、またアフター対応まで一気通貫して携わります。
現場監督は、施主・設計・職人の間に立ちコーディネートをする立場です。施主の想いや設計の意図を汲み取り実現する力、職人に的確に指示する力など「コミュニケーション」力が欠かせません。そこに一番の難しさ、と同時に現場監督という仕事の奥深さを日々実感しています。

Q/2

今のお仕事のやりがいは何ですか?

「いいもの」が出来、皆で喜び合えた瞬間に一番のやりがいを感じます。
現場が仕上がってきて、職人と「いいねえーー」と言って笑い合えたとき、お施主様に最高の笑顔で喜んでもらえたとき、入居後にお招きいただいてお施主様らしく住みこなされているのを体感しながら思い出話に花咲かせる時間など。
辛くてしんどい思いをすることもたくさんありますが、そんな思いが吹っ飛ぶ瞬間です。

Q/3

夢や野望はありますか?

目先の夢は、設計から施工までワンストップで出来る人間になること。
大きな野望は飲食や物販なども絡めた複合店舗をオープンさせること。まだまだ構想中です。

Q/4

あなたが学生ならば、どんな会社に入りますか?

衣食住のものづくり、そして場づくりを通じて、自社の生活思想を提案している会社です。
具体的な例えを出してしまうと、石見銀山生活文化研究所ですね。