建築・リノベーション工事

気候・風土・歴史・文化を読み込み、この街がどうあるべきかを考えた建築・リノベーション工事を行います。

「美しい景色が美しい心を育む」という考え方のもと、新築物件から内装・外装のリノベーション工事、そして収益ビル・マンションの1棟まるごとリノベーションまで幅広く手がけます。

建物の新しさやブランドではなく、時を積み重ねた美しさやその土地ならではの場所性を大切にしています。

建築を通し、関わるすべての人を幸せにする100年後にも残したい建物つくりを行います

「美」を感じる家

腰越海岸の近くに佇む木造住宅。
気になるものがないインテリアは「究極の普通」を探究しました。

その土地の歴史・文化・気候・風土を読み込んで建てられました。
海岸と山や谷に囲まれた立地から、風や湿度や光を室内へ取り込み、外観は昔ながらの漁師町に馴染むよう杉板を黒く染色しています。

日本国内に氾濫している「プラスチック」素材は、時とともに劣化していきますが、杉板材や本物の素材で構成されたこの住宅は、時の経過とともに、優しく味わいが増して、経年劣化ではなくまさに経年「優化」しています。
時が経てば経つほどこの建物の価値は深まっていく、そんな精神の「美」を感じられる住まいです。
(エアコンはお許しください...。)

大山街道和の色の賃貸空間

歴史深い大山街道沿いにある賃貸マンションの、気候・風土・歴史・文化を読み込み、フルスケルトンリノベーションを行いました。
オーナーは長く住んでいただきたいという気持ちがあり、シンプル且つ居心地の良さを追求しております。
単なるデザイナーズマンションをではなく、素材・間取りを追求した「心と体が安まる空間」です。
ポーターズペイントの和の色「桜鼠」を全面に使用し、床や建具に自然素材を使用しました。

素材の味わいで空間を

一般的な分譲マンションを、間取りを変えることなくリノベーションを行うだけで、人が住まうべき住空間になることを証明しています。「ペイント」「カーペット」「建具交換」のみで豊かな暮らしのできる空間へと変化させました。

ビニールクロスを剥しペイント用クロスを貼り天井と壁面を全体にペイントを施しました。リビングに足を踏み入れるとペイントの柔らかな質感が空間を優しく包みます。
さらに床材には、上質な100%天然ウール「堀田カーペット」を使用していることで、高い調湿性能と踏み心地を取り入れてます。
そしてそれらの空間を引き立たせるため、家具と合わせたウォールナットの建具を採用することで、全体的にシックで落ち着いた空間をつくっています。